保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類


自転車(傷害)保険

多額の賠償金の支払いに備えて自転車保険に加入しておく 自転車専用保険の他に特約で付帯できる補償も 補償対象となる人と補償範囲、補償額をチェックしてから加入する 自転車(傷害)保険とは 自転車保険とは自 …
この記事の続きを読む

個人賠償責任保険(特約)

偶発的に他人のモノを壊したりケガをさせてしまった場合に補償される保険 1億円まで補償してくれる保険もあるので万が一に備えて加入しておく 複数の保険会社に入っていても重複して保険金を受け取れないので、必 …
この記事の続きを読む

弁護士費用保険(特約)

弁護士にかかる費用を補償してくれる保険 主契約として販売されているタイプと、自動車・火災保険の特約として付帯できるタイプがある 補償内容や範囲は保険会社によって異なるので、契約や見直し時によく確認して …
この記事の続きを読む

個人年金保険

老後の生活に備えて私的に加入する民間の年金 個人年金に支払う保険料は税金の控除対象になっている さまざまな種類があるので特徴やリスクを理解して加入する 個人年金保険とは 個人年金保険とは、国民年金・厚 …
この記事の続きを読む

女性保険

女性特有の病気や出産に関する保障が手厚い保険 健康祝い金など定期的な給付金がある保険も 医療保険と併用加入が望ましいが、保障が重複しないように注意する 女性保険とは 女性保険とは乳がんや卵巣がん・子宮 …
この記事の続きを読む

実費補償(保障)型保険

入院や通院にかかった実費を補償してくれる医療保険 長期入院もカバーしてくれるのでがん保障を手厚くできる 保険料が高めで更新型となっているため注意が必要 実費補償(保障)型保険とは 実費補償(保障)型保 …
この記事の続きを読む

がん保険

がんに特化した医療保障で多額の治療費にも備えられる 日帰りの手術が増加し入院給付金は特約とする保険商品も 約3ヶ月間の免責期間があるので加入前によく確認する がん保険とは がん保険とは「がん」のみを保 …
この記事の続きを読む

医療保険

ケガや病気による入院・手術などへの医療保障のための保険 加入には健康状態の告知が必要で、若い方が保険料が安くなる 既往症などによっては特定部位については保障されないなどの注意点も 医療保険(入院保険) …
この記事の続きを読む

団体信用生命保険(団信)

ローン契約者が死亡・高度障害になると、保険金を借入先に返済できる 通常は団信への加入が借入条件となっているが、フラット35など任意の住宅ローンもある 健康状態を理由に加入できない場合は、ワイド団信など …
この記事の続きを読む

三大疾病保障保険

所定の状態になると死亡保険金と同額の保険金を受け取れる 保険期間には掛け捨ての「定期型」と貯蓄できる「終身型」がある 発症リスクが高い方には加入がおすすめ 三大疾病保障保険とは 日本人の40代から80 …
この記事の続きを読む