保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 引受基準緩和型保険(限定告知型保険) うつ病でも加入できる?

引受基準緩和型保険(限定告知型保険) うつ病でも加入できる?

  • 告知項目を3~6つ程度に限定して加入条件を緩和した保険
  • 保障条件が一般的な保険と異なるので注意が必要
  • うつ病になっても一定の条件をクリアすれば加入できる

引受基準緩和型保険(限定告知型保険)とは

一般的に生命保険に加入するには健康状態や過去の病歴等について告知する義務があり、保険に加入したい人が申告した内容により、保険会社が加入させるか否かを決める基準を「引受基準」といいます。

引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)保険は生命保険に加入する際に必要な告知項目を少なくして、持病を持っている方や健康に不安のある方でも保険に入りやすくなっています。

また告知項目に関して一般的な保険に比べて限定されているので、「限定告知型保険」とも呼ばれています。基本的に医療保険によく見受けられますが、持病がある方でも加入できる生命保険として終身保険や定期保険でも商品化されています。

申告項目の例
種類告知項目
一般的な保険○過去5年以内に7日間以上かかった場合の医師の診察・治療・検査・投薬について
○過去5年以内の入院・手術について
○過去2年以内の健康診断の結果について
○最近3か月以内の医師の診察・治療・検査・投薬について
○身体障がいがあるかについて
○妊娠しているかについて(女性)
引受基準緩和型保険
(限定告知型保険)
○今後3か月以内に入院または手術の予定がある
○過去5年以内に「がん・上皮内がん・肝硬変」のいずれかで、医師の診察・検査・治療・投薬または入院・手術を受けたことがある
○過去2年以内に病気やケガで入院したことまたは手術を受けたことがある

告知項目は過去の通院・入院が3か月以内や1年・2年以内となっていたり、手術の項目も経験か今後の予定かなど審査の対象となるものの基準が保険会社によって異なります。

したがって、同じ引受基準緩和型保険(限定告知型保険)でも「保険会社A」で断られても「保険会社B」では加入できるケースもあり、自身の病歴や入院・手術の経験や期間により入れる保険もあるということなので、持病を持っている方や過去に入院・手術の経験のある方には力強い味方になる保険です。

引受基準緩和型保険(限定告知型保険)の特徴

    ポイント

  • 告知項目が少なく、加入しやすい
  • 一定の条件下で保険金や給付金を受け取れる
  • 無選択型保険と比べると保険料は安いが、一般的な保険と比べると保険料は高い
  • 既往症の再発や悪化でも入院・手術が保障の対象なる
  • 加入後1年間は保障額が半額となる

持病を持っている方や過去の病歴により一般的な保険を断られた方でも、3つ程度の告知項目をクリアできれば加入できる保険です。保険料は一般的な保険に比べて1.6倍~2倍程度高くなっていますが、全く告知の必要がない無選択型保険に比べると一回当たりの保険料は安くなっています。

また、既往症の再発や悪化であれば保険金や給付金の支払いの対象となります。例えば糖尿病の持病がある方が保険加入後に、インスリン注射を継続していても保険金の支払い対象にはなりませんが、糖尿病の合併症で網膜症や腎症となり入院・手術が必要となった場合は保障の対象となります。

一方で、保険加入後1年間は保険金や給付金が半分に制限されている点には注意が必要です。仮に医療保険で入院1日あたり10,000円という内容で加入した場合、保険加入の1年以内の入院は1日5,000円しか給付金が支払われません。また、一般的な保険に比べて保障内容が限定されていたり選べる特約が限られていたりするので、必要な保障内容がつている保険なのかをしっかり確認することが大切です。

うつ病でも引受基準緩和型は加入できる?

現代病の一つで年々増加傾向にあるうつ病ですが、精神疾患の中では一番多い症状で今では111万人を超える患者数(平成26年度厚生労働省・患者調査)となっています。年代別にみるとトップは職場の中核となる年代の40代で全体の19、6%を占めており、メンタルヘルス障害の方が多くみられます。一般的にはうつ病になると働くことが難しくなり、生活することさえ困難になることもあります。

そんな時にある程度の貯蓄があれば生活面では安心ですが、うつ病の症状はいつまで続くかわかりません。また一般的にはうつ病になると保険への加入が難しいといわれていますが、最近ではうつ病でも条件次第で加入できる場合があります。保険会社によっても様々ですが、引受基準緩和型保険では一度うつ病になっても以下の条件のうちいずれかをクリアしていれば、保険に加入できる可能性があります。

    うつ病でも保険に加入できる条件

  • 治ってから5年以上経過している
  • 治ってから数年経過しており現在健康体であることを医師が証明してくれる場合
  • うつ病と診断されたが症状が軽く経過観察中と医師が判断した場合

過去にうつ病になり保険加入を諦めていた方や無選択型保険を検討されていた方も加入できる引受基準緩和型保険があるかもしれないので、一度保険の無料相談などを利用してみるのがおすすめです。

参考URL:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『限定告知医療保険 新・健康のお守りハート
参考URL:厚生労働省『精神疾患のデータ(平成23年)

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加