保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 三大疾病保障保険

三大疾病保障保険

  • 所定の状態になると死亡保険金と同額の保険金を受け取れる
  • 保険期間には掛け捨ての「定期型」と貯蓄できる「終身型」がある
  • 発症リスクが高い方には加入がおすすめ

三大疾病保障保険とは

日本人の40代から80代の死因の上位を占めている「ガン(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」を三大疾病(さんだいしっぺい)といい、偏った食生活やストレス・運動不足・喫煙・飲酒など普段の生活の積み重ねによって引き起こされる病気と言われています。

発見が遅れると長期にわたる治療と入院が必要になり、就労困難状態となったり医療費も高額になる恐れがあります。このような三大疾病のリスクに備えるための保険を「三大疾病保障保険」といいます。一般的には保険期間中の死亡・高度障害保障の他に、三大疾病の所定の状態になった場合に死亡保険金と同額の三大疾病保険金が支払われます。

保険会社によっては「特定疾病保障保険」や「重大疾病保障保険」・「生前給付保険」として取り扱っており、保障内容や保険金の支払い事由も様々です。また「三大疾病保障保険」として単独で取り扱う保険商品もあれば、「三大疾病保障特約」として主契約の医療保険に付加して三大疾病に対するリスクに備える保険商品もあります。

三大疾病保障保険の特徴

    ポイント

  • 死亡・高度障害保障と三大疾病保障がある
  • 三大疾病で所定の状態になった時に死亡保険金と同額の保険金を受け取れる
  • 保険金を受け取ると契約は終了となる
  • 保険期間は「定期型」と「終身型」がある
  • 満期保険金はない

三大疾病保障保険は死亡・高度障害保障の他に三大疾病保障が付いています。保険会社が定める三大疾病の所定の状態になった場合に一時金として死亡保険金と同額の三大疾病保険金を受け取ることができ、仮に三大疾病保険金を受け取ることなく他の病気や不慮の事故で亡くなった場合でも死亡保険金として遺族が受け取ることが出来ます。

三大疾病保障保険

保険期間は一定期間の「定期型」と一生涯の「終身型」があり、満期保険金はありません。契約年齢や保険期間にもよりますが定期型では解約返戻金は殆どありませんが、終身型は保険期間の経過とともに解約返戻金が増えていきます。

尚、「ガン」「急性心筋梗塞」「脳卒中」それぞれの病気になった時に保険金が支払われるのではなく、3つのいずれかの病気で保険金が支払われるとその時点で契約は終了となります。したがってガン(悪性新生物)と診断され三大疾病保険金を受け取った後に急性心筋梗塞となった場合や、三大疾病保険金を受け取った後に亡くなっても保険金を受け取ることができません。

三大疾病保障保険の注意点

三大疾病保障保険は三大疾病になった時点で保険金が受け取れるのではありません。保険会社が定める「所定の状態」にならないと保険金の支払い対象にならない点や給付対象外となる症状や病名がある点には注意が必要です。「所定の状態」とは保険会社によって様々ですが、主に下記のように約款で定められています。

疾病名 所定の状態(支払い対象となる条件)
ガン 責任開始日以降に医師に初めてガン(悪性新生物)と診断確定されたとき。
(「上皮内ガン」や「皮膚ガン(悪性黒色腫を除く)」および責任開始日から通算して90日の間に診断せれた「乳がん」は給付対象外)
急性心筋梗塞 責任開始日以降に急性心筋梗塞を発病し、初めて医師の診察を受けた日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。
(「狭心症」「心筋症」「心不全」などは給付対象外)
脳梗塞 責任開始日以降に発病し、初めて医師の診察を受けた日から60日以上、言語障害・運動失調・麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。
(「外傷性くも膜下出血」「脳動脈瘤」(破裂していないもの)「一過性脳虚血発作」などは給付対象外)

三大疾病保障保険は責任開始日前の発病に関しては保障されず、急性心筋梗塞や脳梗塞に関しては発病してからの状態の継続を支払い条件と定められている場合がほとんどです。

ガンの場合は比較的初期の軽い状態のガン(上皮内ガンや悪性黒色腫以外の皮膚ガン)は保障対象外としていたり、急性心筋梗塞は労働制限が必要とする状態、脳梗塞であれば神経学的後遺症が継続する状態が「60日」以内であれば保障対象外と定めている保険会社もあります。

したがって保険金請求時にがっかりすることがないように、同じ保険商品名でも保障内容をよく把握し確認してから契約することをおすすめします。

三大疾病保障保険が向いている人

    ポイント

  • 喫煙・運動不足・肥満など三大疾病になりやすい要因がある人
  • 貯蓄や発病した際の収入減に不安がある人

日本には医療保険制度があるので医療費の一部を負担するだけで医療を受けることが出来たり、自己負担額が一定額を超えた場合に高額療養費として一部を払い戻しすることができます。

しかし三大疾病の場合は健康保険適応外の高度・先進医療または投薬であったり、長期にわたる入院による差額ベット代や食事代などの自己負担額が大きくなる恐れがあります。預貯金などが十分にあるような方は治療期間が長期になっても金銭的な心配は必要ありませんが、貯蓄が少ない場合は高額な医療費が負担となって治療に専念することが出来ません。

喫煙・運動不足・肥満などの三大疾病になりやすい原因を持っている方や家系内で三大疾病の発症がある方は、三大疾病保障保険に加入することで将来のリスクに備えることができます。

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加