保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 女性保険

女性保険

  • 女性特有の病気や出産に関する保障が手厚い保険
  • 健康祝い金など定期的な給付金がある保険も
  • 医療保険と併用加入が望ましいが、保障が重複しないように注意する

女性保険とは

女性保険とは乳がんや卵巣がん・子宮筋腫など女性特有の病気の他、甲状腺障害や関節リウマチなどの女性がかかりやすい病気を手厚く保障する「女性の為の保険」です。

元気な女性

分類としては医療保険がん保険の一種で「女性向けの医療保険」や「女性向けのがん保険」など女性保険として単独に商品化されているものや、一般的な医療保険・がん保険に女性疾病特約として保障を上乗せしているものがあります。

女性保険と医療保険の保障額の違い(例:医療保険 日額10,000円)
保障内容 医療保険 女性保険
病気やケガで入院  日額10,000円 日額10,000円
女性特定疾病で入院 日額10,000円 日額15,000円~20,000円

単独の商品でも特約でも保障内容はあまり変わらず、女性特有の病気で入院が必要になった際に一般の医療保険・がん保険よりも1.5倍~2倍上乗せされた給付金を受け取れるようになっています。

女性保険の種類

女性保険の種類 概要
医療保障重視の掛け捨て型 医療保障に重点をおき、月々の保険料負担を抑えたタイプ
ボーナス・祝い金がある貯蓄型 解約返戻金や数年ごとの祝い金がある貯蓄タイプ
死亡保障付きのワンパケージ型 女性特有の病気の保障に死亡保障が付いたタイプ

女性保険には生命保険や医療保険と同様に「掛け捨て型」と「貯蓄型」があります。「掛け捨て型」は比較的安い保険料で女性疾病に特化した医療保障を確保することができ、「貯蓄型」は医療保障を確保しながら貯蓄機能を備える事ができます。

また貯蓄型では、数年ごとにボーナス・祝い金が受け取れるものがありますが、その分保険料が高くなっています。ボーナス・祝い金が支払われる期間や条件・金額は保険会社によって異なりますが、入院の有無や回数に関わらず支払われる「生存給付金」か一定期間入院・手術が無く所定の給付金の受け取りをしなかった場合に支払われる「健康祝い金」のどちらかが支給され、十万円以上の金額を受け取れる商品もあります。

他にも女性特有の病気への厚い保障に万が一の際に一時金が支払われる死亡保障が付いた「ワンパッケージ型」の女性保険があります。シングルマザーの方や一家の収入を支えている女性の方にはおすすめですが、死亡保障が付く分保険料が高くなっています。

女性保険のメリット・デメリット

    メリット

  • 女性特有の病気に対して手厚く保障し、保障範囲が広い
  • 妊娠・出産に関わる病気や帝王切開などの入院・手術も保障対象
  • 健康祝い金などの給付金を受け取れる商品が多い

女性保険の保障範囲や支払い条件は保険会社によって異なりますが、多くの女性保険では乳がんや子宮がん・卵巣がんなどの「女性特有のがん」や、子宮筋腫・子宮内膜症・乳腺症などの「女性の特定疾病」の他、出産時の帝王切開などの「異常分娩」に関わる入院・手術が保障対象となり給付金が上乗せされます。

また女性特有の臓器に発症するがんだけでなく胃がん・肺がんなど男女共通の臓器に発症する悪性新生物や上皮内新生物・良性新生物を保障対象としていたり、乳がんに関しては乳房再建手術を保障対象としてしる保険会社もあります。さらに甲状腺障害や関節リウマチなど、男性に比べ女性がかかりやすい疾病に対して保障の上乗せをしている保険会社もあり保障範囲が広く女性にとっては魅力的な保障内容となっています。

女性特有の病気の保障範囲
保障範囲例
悪性新生物 乳がん・子宮がん・卵巣がんなど
上皮内新生物 子宮頸がん・乳がんなど
特定の良性新生物 子宮筋腫・乳房・子宮・卵巣・甲状腺などの良性新生物
その他の特定疾病 卵巣機能障害・甲状腺障害・関節リウマチ・膀胱炎・鉄欠乏性貧血・低血圧症など
妊娠・分娩・産褥 切迫早産・子宮外妊娠・帝王切開や吸引分娩による異常分娩、流産・妊娠・分娩の合併症など

        

    デメリット

  • 一般的な医療保険に比べて保険料が高い
  • 女性特有の病気のみを保障している商品がある
  • 医療保険と保障内容が重複する部分がある

女性保険は女性特有の病気に関して給付金に一定額の上乗せがあるので、通常の医療保険に比べ1回あたりの支払い保険料は高くなっています。
また女性保険の中には女性特有のがんや疾病のみを保障対象としている商品があります。

このような保障内容の場合、女性保険だけではケガや女性特有の疾病以外の入院・手術のリスクに対応できないので、他の医療保険と併用して加入する事がおすすめです。

一方、女性保険でも通常のがん保険と同じように女性特有の病気だけでなく全てのがんを保障対象としている商品があります。既に通常の医療保険・がん保険に加入している方が、このような女性保険に加入すると保障が重複してしまう可能性があるので、保障内容をよく確かめてから加入することが大切です。

女性保険の必要性が高い人

    ポイント

  • 女性特有の病気に対して大きな不安がある方
  • 入院時の自己負担となる費用に備えたい方
  • シングルマザーなど一家の収入を支えている方
  • 乳房を摘出手術後、乳房再建を強く望む方

女性は若い世代の20代後半でも子宮筋腫や子宮頸がんを発症する割合が高く、30代後半からは乳がん・卵巣がんなどの罹患率が上昇します。女性保険は様々な病気の中でも女性特有の病気に手厚く保障しているので、リスクに大きな不安がある方にとっては魅力的な保険です。

また女性の場合、入院する際はプライバシーが気になり少人数部屋や個室を希望する方が多いですが、入院の際の個室利用・差額ベット代は公的医療保険制度の適用外なので費用は自己負担となります。通常の医療保険に加入している場合は日額の入院給付金から費用を賄う必要がありますが、女性保険に加入していると女性特有の病気での入院の場合は上乗せされた入院給付金で医療費の自己負担額を補う事が出来ます。

もし自分に万が一の事があった時の死亡保障加え、女性特有の病気やすべてのがんに手厚く対応していたり、健康保険がきかない先進医療も保障内容に組み込まれていたりと保障範囲が広くて内容が厚い女性保険もあります。

他にも乳がんになり乳房を摘出する必要があった場合、乳房を摘出した後も温泉旅行やスポーツを気兼ねなく楽しむために乳房再建手術を決断する方が多いです。例えば乳がんで乳房削除術を行った場合の乳房再建手術は、公的医療保険が適用されても費用は片側で約30万円必要です。

また公的医療保険が適用された乳房再建手術方法は限られており、より自然に近く自身に合った再建方法を希望する場合は公的医療保険が適用されない可能性があります。女性保険には乳房再建費用を保障してくれる商品があるので、乳房再建手術を望む方は備えておくと安心です。

参考URL:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『女性保険 フェミニーヌ

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加