保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 個人賠償責任保険(特約)

個人賠償責任保険(特約)

  • 偶発的に他人のモノを壊したりケガをさせてしまった場合に補償される保険
  • 1億円まで補償してくれる保険もあるので万が一に備えて加入しておく
  • 複数の保険会社に入っていても重複して保険金を受け取れないので、必要な保険に絞って加入する

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険とは、日常生活の中でモノを壊したり他人にケガをさせた場合に損害賠償金を補償してくれる保険です。

ガラス窓を壊す子供

保険会社によっては「個人賠償責任補償保険(特約)」や「日常生活賠償保険(特約)」などの名称で販売されています。自動車保険や火災保険、傷害保険などの損害保険の特約として付帯したり、クレジットカードに付帯することで加入することができます。

    補償対象となる事故の例

  • 自転車走行中に他人とぶつかってケガをさせてしまった
  • スキーやゴルフ中に他人にケガをさせてしまった
  • 飼い犬が他人を噛んでケガをさせてしまった
  • 子供がボール遊びをしていて、他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 買い物中に商品を落として壊してしまった
  • マンションで水漏れを起こしてしまい、階下の家に被害を与えてしまった

個人賠償責任保険は、日常生活やスポーツ、買い物中といった様々なシーンで起こる偶発的な事故で契約者やその家族が他人の身体や財物に損害を与えた場合に保険金が支払われます。保険会社やクレジットカード会社にもよりますが、3,000万円~1億円までの補償額となっています。

今までにも自転車走行中やスポーツ中の事故で、相手が死亡したり相手に重度の後遺症を負わせてしまった時に、1億円近くの損害賠償を命じる判決を裁判所が下した事例もあります。損害賠償を請求される可能性も少なくはなく、万が一高額な損害賠償を請求される事になると経済的な損失はかなり大きくなります。

家族の中に自転車に乗る方やゴルフやサッカー・スキーなどスポーツをする方、ペットを飼っていたり育ち盛りのお子様がいる家庭の場合は、万が一に備えて個人賠償責任保険に加入しておくと安心です。

個人賠償責任保険(特約)の特徴

    ポイント

  • 日常生活中やスポーツ中・自転車走行中など補償範囲が広い
  • 保険料は月々数百円程度から加入できる
  • 高額な賠償金にも対応できる保険金額が設定されている
  • 補償対象となる人の範囲が広い

個人賠償責任保険は、日常生活全般を補償するものなので補償の範囲は広いです。(ただし、自動車やバイクの運転中の事故や借りたり預かった物を壊した場合など一部補償対象外となる場合があります。)

一般的に保険料は月々数百円程度の負担で加入でき、保険金額は高額な賠償金に対応できるように3,000万円以上の保険商品が多く、中には保険金額を無制限としている保険会社もあります。

保険金の支払い条件や保険金額・保険料は各保険会社・クレジットカード会社によって異なりますが、補償対象者は契約者・同居をしている家族だけでなく仕送りをしている別居の子(未婚)も含まれます。また認知症の方の線路侵入による列車事故等による損害賠償を踏まえ、扶養や同居の条件なしに認知症の親も補償対象とする保険会社も増えてきています。

    補償対象者

  • 契約者本人
  • 配偶者
  • 本人または配偶者と生計を一にする同居の親族
  • 本人または配偶者と生計を一にする別居の未婚の子

個人賠償責任保険は、一世帯の一人が加入すれば家族全員が補償対象となる点が大きな特徴です。

個人賠償(損害賠償)補償がある保険

保険種類主契約
・特約
補償範囲概要
自動車保険特約自動車の所有・使用・管理に関して生ずる損害を填補するための保険
火災保険特約火災や落雷・風水害によって生ずる損害を填補するための保険
傷害保険特約被保険者が急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った時に、一定の金額が給付される保険
自転車保険主契約
(自転車事故に限る)
自転車走行中の自身のケガと対人・対物の損害賠償を填補する保険
スポーツ保険主契約
(スポーツ中の事故に限る)
スポーツ中の自身のケガや他人にケガを負わせたときの損害を填補するための保険(競技を限定して損害を補てんする保険も ゴルフ保険・テニス保険・スキー保険・マリンスポーツ保険など)
ペット保険主契約
(ペットに限る)
ペットの病気やけがの治療にかかった医療費を填補するための保険(ペットが他人を噛みついてケガをさせた時の損害賠償を填補する)

自動車保険や火災保険・傷害保険に付帯する個人賠償補償特約は、自転車走行中やレジャー・スポーツ中を含む日常生活全般が補償されます。他人やモノに損害を与えてしまった時の損害額に対して保険金が支払われますが、自身のケガの補償はありません。

一方、自転車保険やスポーツ保険は一般的に傷害保険と損害賠償保険がセットになっており、他人やモノへの損害補償だけでなく、自身のケガでの入院・通院時に保険金が支払われます。(保険会社によっては自転車走行中の事故やスポーツの事故で、被保険者が死亡・後遺障害を負った時に保険金が支払われる場合も補償されるところもあります)ただし、自転車保険やスポーツ保険は、自転車走行中やスポーツ中のケガや事故など補償範囲が限定されているものが多いです。

既に自動車保険などに個人賠償補償特約を付帯している方は自転車保険やスポーツ保険に新たに入り直す必要は特にありませんが、自身のケガに対しての補償や自転車やスポーツに特化した補償を備えたい方は個別に加入されることをおすすめします。

示談交渉代行サービス

個人賠償責任保険の中には契約者の代わりに保険会社が被害者と交渉し、損害賠償金や示談書を取り交わしてくれる「示談交渉代行サービス」が付帯されているものがあります。

偶発的な事故や日常トラブルは不注意や不意に起きる場合が多く、当事者同士で問題を解決するのは困難と言われています。示談交渉サービスは、保険会社のプロが交渉を代行してくれるのでトラブルの早期解決にとても役に立ちます。ただし、以下の場合は示談交渉サービスが付帯されていても利用できないので注意が必要です。

    示談交渉サービスが利用できないケース

  • 被保険者の同意が得られない時
  • 保険会社との示談交渉に相手が同意しない時
  • 相手の損害額が賠償金限度額を明らかに超える時
  • 個人賠償責任が法律上発生しない時

最近では個人賠償責任保険には示談交渉代行サービス付きのものが多くなっていますが、保険会社によっては付帯されていない場合もあるので保険選びの際は「示談交渉代行サービスの有無」を確認しましょう。

また、個人賠償責任保険に付帯されている示談交渉サービスを利用できるのは「加害者」となった場合です。被害者・加害者どちらの立場となった時にでも示談交渉を代行してほしい場合は「弁護士費用保険」がおすすめです。

個人賠償責任保険の注意点

    チェックポイント

  • 補償の重複
  • 保険金が支払われないケースがある

個人賠償責任保険は、既に加入している保険の保険金限度額が少額な場合や示談交渉サービスが付帯されていない場合は複数加入することで補償を厚くすることができます。ただし、複数の保険会社で個人賠償責任保険に加入していても、それぞれの保険会社から保険金が支払われることはありません。

例えばA社で保険金額1億円、B社で保険金額1,000万円の個人賠償責任保険に加入していた場合、実際の損害賠償額が1,000万円となり各保険会社からそれぞれ1,000万円ずつ、保険金合計2,000万円を受け取れることはできません。

保険会社では「重複した場合は一方の保険金は支払わない」と定められており、実際の損害賠償額を超える保険金を受け取ることができません。したがって個人賠償責任保険に複数加入していても、補償の無駄となることがあるので注意が必要です。

また個人賠償責任保険に加入していても、保険金が支払われないケースがあります。

    保険金が支払われないケース

  • 故意または重大な過失により生じた賠償責任
  • 職務の遂行中の賠償責任
  • 同居の親族に対する賠償責任
  • 他人から借りたり預かった物に対する賠償責任
  • 車両(自動車・船舶・航空機など)の所有・使用・管理により生じた賠償責任

特に注意したい事項は「他人から借りた物に対する賠償責任」です。レンタルビデオ店で借りたDVDの破損など、他人から借りた(または預かった)物は自分の管理責任を問われるので補償対象外となります。他にも、賃貸物件で火災を起こした場合の借主への賠償責任は補償対象外となるので注意が必要です。

個人賠償責任保険は、備えておくと万が一の際に大変役に立つ保険です。
自動車保険や火災保険・クレジットカードに付帯して加入しているケースも多く、自動車保険やクレジットカードを解約する前に必要な保障が無くならないか注意しましょう。

参考URL:毎日新聞『損保2社 認知症列車事故も補償 個人賠償保険を改定

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加