保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 養老保険

養老保険

  • 死亡保険金、または、満期保険金として必ず設定額を受け取れる
  • 払込方法を工夫することによって保険料をおトクにできる
  • 貯蓄性が高い分、1回あたりの保険料も高くなっている

養老保険とは

「養老」(=老後を安楽に送ること)の名前のとおり元は老後の資金づくりのための保険であり、生死混合型(死亡保障に貯蓄する機能を兼ね備えた)と呼ばれる典型的な生命保険です。

養老保険

被保険者が保険期間中に死亡したときに遺族に死亡保険金が支払われるだけでなく、被保険者が満期を迎えたときに生存している場合は本人に満期保険金が支払われます。

養老保険の特徴

養老保険は保障期間に10年・20年または60歳まで70歳までと期限を設けることができます。満了時を無事に迎えると死亡保険金と同等の満期保険金を受け取れるので貯蓄性が高いという特徴があります。

ただし、一回当たりの保険料は高くなっています。万が一のことが起きた場合と何事もなく無事に過ごせた場合のどちらでも、まとまった資金を受け取れるのが大きな特徴です。

養老保険の種類
種類概要
普通養老保険一般的なタイプ、保険期間と保険金が同一の保障を組み合わせたもの
定期付養老保険定期保険を特約として上乗せしたもの

養老保険は保障期間が終わるタイミングによって様々な目的に活用できます。まずは「満期を定年に合わせる方法」で、満期保険金を定年とともに受け取りその保険金を老後の生活資金にするという活用法です。万が一満期を迎える前に亡くなった場合には死亡保障もついているので残された家族も安心できます。

次に「一定期間のみ保障を厚くする方法」です。子供の成長に合わせて成人するまでの20年間だけ保障を厚くするために養老保険に加入するといったもので、子供が成人を迎えるまでの期間は死亡保障で保障を厚くし、無事に満期を迎えた際にはまとまったお金を受け取れるので子供の教育資金や一人暮らしのための資金として活用できます。

養老保険のメリット・デメリット

    養老保険のメリット

  • 亡くなっても生存していても同額の保険金が支払われる
  • 保障と貯蓄の両方を兼ね備えている
  • 貯蓄性が高い
  • 途中解約すると解約返戻金を受け取れる
  • 一時払いすると保険料が割安になる
  • ライフイベントに合わせて資金準備ができる

養老保険は貯蓄性に優れており、死亡した場合でも満期に至った場合でも設定した保険金が必ず支払われる点が一番のメリットです。終身保険は死亡した時には死亡保険金の支払いはありますが、養老保険と比べると貯蓄性に欠けます。

養老保険の保険料の支払方法には、契約期間の全期間に保険料を支払う「全期払い」、保険期間満了前に保険料を払い込む「短期払い」、そして、保険料の払い込みを一括で終えてしまう「一時払い」があります。

その中で一時払いを選択すると保険料の割引率が上がり、払込総額を抑えることができます。また一定の保障期間経過後は必ず保険金を受け取ることができ、ライフプランに合わせて資金作りが出来るという点も養老保険の魅力の一つです。

    養老保険のデメリット

  • 保険料が高い
  • 早期の中途解約は損になる
  • 保険金が支払われた時点で保障が終わる
  • 保険の見直しがしづらい

養老保険は貯蓄性の高いということもあり、同じ保険金額の保障で比べると掛け捨て型の定期保険や一生涯保障の終身保険より一回当たりの保険料は高くなっています。そのため養老保険で高額な保障を用意するのは、保険料負担がとても大きくなっています。

また、養老保険は保険金が支払われたときに保険の機能がなくなり保障が終了し、養老保険の特約としてつけていた医療特約や定期特約などの保障も一緒に終了してしまいます。

さらに途中解約すると解約返戻金が少なくなり、満期を迎えた後に新たに保険に加入するとなると年齢や健康状態によっては保険料が高くなってしまい、保険も見直ししづらいというデメリットもあるので注意が必要です。

参考URL:かんぽ生命『養老保険

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加