保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 生存給付金付定期保険

生存給付金付定期保険

  • 一定期間ごとに生存給付金を受け取ることができる
  • 保険金の受け取り方には3種類あるので特徴を理解して決める
  • 保険料が割高になっているので注意が必要

生存給付金付定期保険とは

生存給付金付定期保険は、満期を迎えるまでに生存していれば保険期間中の2年・3年などの一定期間ごとに生存給付金としてお金を受け取ることができる定期保険です。

生存給付金付定期保険

基礎となる保険は定期保険なので、保険期間中に被保険者に万が一のことが起きれば死亡・高度障害保険金が支払われるうえ、満期時にも生存給付金をうけとれます。

また、生存給付金付定期保険で万が一の事態になった場合に死亡・高度障害保険金を受け取る方法として保険金を一括で受け取る「一時金タイプ」と分割で受け取る「年金タイプ」があります。さらに年金タイプは定額型と逓増型に分かれており選択することができます。

死亡・高度障害保険金の受け取り方
種類概要
一時金タイプ
(定額型)
死亡・高度障害保険金を一括で受け取る
年金タイプ
(定額型)
保険期間満了時まで年金形式で毎月定額を受け取る
年金タイプ
(逓増型)
保険期間満了時まで年金を受け取れ、年金受取期間の経過とともに年金額が一定割合ずつ増えていくタイプ

参考URL:生命保険文化センター『定期保険-死亡・高度障害保険金の形態

生存給付金付定期保険の特徴

    ポイント

  • 一定期間ごとに給付金を受け取れる
  • 満期時に生存している場合も生存給付金を受け取れる
  • 生存給付金は据え置くこともでき、自由に引き出せる
  • 通常の定期保険に比べて保険料が高い
  • 生存していないと給付金の支払いはない

生存給付金付定期保険は自身のニーズに合わせて保険期間・保険金額・生存給付金を決めることができます。保険料は掛け捨て型ですが、保険期間満了時まで生存している場合に限り「生存給付金」が支払われ、さらに満期時にも満期時生存給付金が支払われます。

また生存給付金は支払われる都度受け取らずに据え置くこともでき、据え置いた場合は保険会社の所定の利率によって積み立てられていき、必要となった際にいつでも引き出せます。無事満期を迎えた際には何も受け取れるお金がない一般的な定期保険とは違い、無事に保険期間を過ごした場合でも給付金を受け取れるので一回当たりの支払い保険料は高くなっています。

給付金を貯蓄部分と考えることも出来ますが、貯蓄性のある終身保険養老保険に比べると運用には乏しいので貯蓄性の面では見劣りがあります。

生存給付金付定期保険の活用法

「一定期間ごとに生存給付金が支払われる」ということを「一定期間保険で貯蓄して給付金を受け取る」と考えれば強制的に保険料を引き落とされるので貯蓄することが苦手な人でも活用することができます。

大きな保障は欲しいけれど保険料が「掛け捨て型」である通常の定期保険は損と考えてしまう方や自分自身が健康で過ごせたご褒美を給付金として受け取りたい方、貯蓄をするのが苦手な方には、こういった一定期間ごとに給付金が支払われる保険を「死亡保障に貯蓄機能が少しある保険」と考え保険選びの一つの選択肢にすることができます。

参考URL:日本生命『生存給付金付定期保険

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加