保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 主契約の種類 > 低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険

  • 返戻率を抑えた分、保険料が割安になっている
  • 払込満了で返戻率が一気に上がるので加入前の計画が大事
  • 一定の貯蓄性もあるためさまざまな目的で加入されている

低解約返戻金型終身保険とは

一生涯の死亡保障がある終身保険の一種で、保険料を払い込んでいる期間の解約返戻金を低く抑えることによって、一回当たりの支払い保険料は一般的な終身保険に比べ安くなっています。

低解約返戻金型終身保険

保険料の払込期間が満了を迎えると一般的な終身保険と同じ額の解約返戻金に戻るので保険料が安い分、返戻率が高くなっています。

低解約返戻金型終身保険の特徴

    ポイント

  • 一般的な終身保険より一回当たりの保険料が安い
  • 保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑えられており、返戻率は低い
  • 解約せずに据え置くと返戻率が高くなる
  • 保険料払込期間中に途中解約すると元本割れのリスクがある
  • 一般的な終身保険よりも貯蓄性が低い
  • 長期固定金利商品なのでインフレに弱い

同じ一生涯続く死亡保障でも、一般的な終身保険に比べると一回当たりの保険料が安いところがメリットです。しかしその分、保険料払込期間だけ解約返戻金を通常の7割程度に抑えられているので、払込期間の途中でお金が必要になり解約すると払い込んだ保険料を大幅に下回ります。

したがって、保険料を払い込んでいる期間はお金が拘束されるため保険の見直しがしづらく、長期固定金利の保険のため市場金利が上昇するとインフレリスクが発生します。

また返戻率が低いので通常の終身保険よりお金が貯まりにくい点がデメリットとなります。ただ返戻率が低いとはいえ、保険料安いうえ掛け捨てではなくしっかりとした大きな保障がある点は魅力的です。

さらに保険料支払期間が満了を迎えると、解約返戻金は通常の終身保険と同じ水準に戻り返戻率は一気に上がるので、途中で保険の見直しをする予定がなく安い保険料で長期的に大きな死亡保障が欲しい方にはおすすめです。

低解約返戻金型終身保険の活用法

    ポイント

  • 老後の生活費や葬儀費用としてお金を貯める
  • 子供の学資保険として活用する

低解約返戻金型終身保険は貯蓄性があり大きな死亡保障もついているので、葬儀関連費用のための準備金や老後の生活のための積立として利用することが出来ます。

また、長期間据え置くと返戻率も高くなるという特性を活かして子供の教育資金の準備のために学資保険として活用することもできます。このような特徴を活かし、子育て中の若い世代からお年寄りまでそれぞれのニーズに合わあせられる点も人気の一つといえます。

参考URL:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『終身保険 一生のお守り
参考URL:アクサダイレクト生命保険『アクサダイレクトの終身保険 (幅広い活用例)

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加