保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 生命保険のしくみ > 生命保険に加入する必要性

生命保険に加入する必要性

  • どんなリスクに対して備えることが必要なのかを考える
  • 自分自身や残された家族のために必要な保障
  • 種類ごとの保障内容を理解した上で保険商品を選ぶ

もし生命保険に加入していなかったら

「生命保険は本当に必要?」と思ったことはありませんか。「どんな時に役に立つのだろう?」「自分にとってのメリットはあるのだろうか?」と疑問を抱く人もたくさんいると思います。

加入しなかったらどんな場合に困る?

生命保険は誰にでも必要なものではありませんが、現在約8割の人が加入しており、必要な保障に応じて複数の保険に加入している人も数多くいます。目的に合った生命保険に加入しておくと役に立つ保障を受けられる半面、必要性も分からないまま何となく加入してしまうと、何も役に立たない保険に加入し続けているということになってしまいます。

そこで「自分の身に何かあった場合、どんな問題が起こるだろう?」と考えることによって保険の必要性が見えてきます。

生命保険に加入する目的を考えよう

「若いうちは保険料が安いから加入する方がお得」とか、人に勧められて内容もあまりわからず何となく生命保険に加入したという人も数多くいると思います。以下のポイントを例に、生命保険に加入する目的は何かを考えてみましょう。

    目的を考えるポイント

  • お金を残したい相手・家族がいるかどうか
  • 貯蓄するのが苦手で将来にお金を残せるか
  • 病気やケガで働けなくなった時に生活費や治療費を用意できるか
  • 子供の学校入学金や授業料は払えるのか

保障の対象は大きく分けて「自分自身」と「残された家族」があり、誰がどんな時にどんな風に困ってしまうのかを考えることで必要な保障内容が明確になってきます。

日常や将来への不安をしっかりと把握した上で、「自分にとって本当に必要な保障はなにか、そしてその保障が受けられる生命保険はなにか」を見つけられると、生命保険に加入する必要性が浮き出てきます。

生命保険が役立つケース

    保障ニーズの例

  • 被保険者が亡くなると葬式代や残された家族の生活費
  • 病気やケガで入院・手術すると治療費や入院費・手術代
  • 老後の生活費、将来子供の教育資金
  • 特定の病気と診断される場合の治療費

以上のケースが一般的な生命保険の保障内容ですが、中でも残された家族に支払われる「死亡保障」は保険金がおよそ数千万円となり生命保険の中でも主な保障となっています。

また病気やケガになると入院給付金、手術給付金として入院・手術の費用として賄える「医療保障」は、最近では「女性保険」「がん保険」などの名称でより細分化されたニーズに応えられるものも出てきました。

子どもの入学や卒業、老後を迎えるなど、特定の時期に満期保険金やお祝い金として保険金を受け取れる「貯蓄型」の生命保険は、将来必ず必要となる資金をより効率的に貯める上で大きな支えにもなります。

まずはしっかりと自身にはどんな保障が必要なのかを見極めて、保障ニーズに対応した保険を組み合わせて加入しておくことが大事です。そうすることによって『いざという時に本当に役に立つ生命保険』となります。

参考URL:マイナビニュース『生命保険とは何か? 「貯蓄があれば保険は不要」の嘘
参考URL:BLOGOS『今さら聞けない保険の常識

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加