保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 生命保険のしくみ > 保障期間と保険料による分類

保障期間と保険料による分類

  • 保障期間と保険料の払い方、貯蓄性の有無などによって生命保険は分類される
  • それぞれの種類によって特徴、メリット・デメリットがあるのでしっかりと理解する
  • 毎月の家計や貯蓄、保障ニーズに応じて最適な生命保険の種類を選択する

定期保険

生命保険には大きく分けて『定期保険』『養老保険』『終身保険』の3つに分類され、この3種類の保険商品の中から自身のニーズに合わせて保障内容を選択していくことが基本的な選び方となります。

銀行でよく耳にする「積立定期預金」は満期が設定され一定の貯蓄を毎月積み立てていくものですが、『定期保険』も同じく満期まで期間が定められており一般的に毎月一定の保険料を支払います。

定期保険

定期預金と異なる点は満期を迎えるまでの期間は「死亡保障」がついているところで、保障期間内に死亡または高度障害に至ると加入時に設定された死亡保険金を受け取ることができます。

満期を迎えても自動更新されなかったり、死亡・高度障害に至らないと保険金を受け取れず「保険料が掛け捨て」となるところがマイナスポイントです。また、満期後に死亡した場合でも保険金は支払われない仕組みになっていることも注意が必要です。

養老保険

養老保険はお金が必要となる時期を満期として設定しておき、子供の教育資金に充てたり老後の年金生活に合わせて計画的に貯蓄できるのが魅力です。銀行などの預貯金とは異なり、満期を迎えるまでの期間中は死亡・高度障害がついているところが養老保険の良い点です。

養老保険

養老保険では満期を迎えると保険金額と同等の「満期保険金」を受け取ることができます。また保険料は「積み立て型」となっているため、途中で解約しても「解約返戻金」として戻ってきます。ただし、「死亡・高度障害保障」も備えているため保険料が割高になっているので注意が必要です。

終身保険

終身保険は保障する期間が定められていない一生涯続く保険なので、死亡するまでに発生する必要な資金を確保するという目的で加入する人が多い生命保険です。

保険加入時から保障が始まるというメリットもありますが、貯蓄型となっているため保険料は定期保険に比べて高くなっているのも特徴の1つです。

終身保険

保険料の払込方法は一定期間で終了する「短期払い」と払込みが一生続く「全期払い」があり、それぞれにメリット・デメリットがあるので加入時にしっかりと検討することが大切です。

参考URL:インズウェブ『生命保険の種類について
参考URL:価格.com『生命保険の種類

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加