保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 生命保険のしくみ > 主契約と特約について

主契約と特約について

  • 生命保険はメイン保障の主契約とオプション保障の特約で構成されている
  • 主契約は単独で加入できるが、特約は単独で加入できない
  • 高度先進医療特約などオトクに付加できるよう保険プランをしっかり立てる

主契約と特約による構成

生命保険へ加入した後に受取事由が発生すると、保障内容に応じて死亡保険金や満期保険金、入院給付金などが支払われます。その保障内容は、契約の基礎となる「主契約」と補助的要因の「特約」で構成されています。

一つの保険に加入することで様々な保障を受けることもできますが、多くの保障内容のうち一つを主契約が担っています。そして主契約だけでは足りない保障を特約で付加していくことで保障内容を手厚くすることができます。

主契約と特約の構成

どの保険が主契約になるか特約になるかは保険の種類によって異なります。例えば、生命保険では死亡保険金が支払われる死亡保障が主契約となり医療保障やがん保障は特約になりますが、医療保険では入院給付金がメインとなり介護保障や死亡保障は特約となります。

主契約とは

生命保険に加入するときの基本となる部分で、主契約だけで契約することができ、加入するときには必ず契約する必要がある保険です。保険会社から様々なタイプの保険商品が出ていますが、死亡保障については3つの保障タイプのいずれかが主契約になっているケースがよく見られます。

また主契約は特約で付加した保障内容や保障期間の影響を受けることなく増やしたり減らしたりすることができるので、主契約は見直しやすいというメリットがあります。保険選びの際に主役となるのはあくまで主契約なので、どんなリスクに備えた保障内容に重点をおきたいかを明確にしておくことが大切です。

特約とは

特約は主契約となる保険にオプションとしてつける保障内容の保険です。主契約の保障内容だけでは不十分と思われる保障を必要な場合に複数の特約を付加することができ、主契約となる保障内容を充実させる仕組みです。

主契約となる保険は単独で加入することができますが、特約となる保険内容に関しては単独で加入することはできません。また特約は主契約の保険の加入と同時に付加することができるほか、主契約の保険期間途中で付加することもできます。ただし、主契約の保険期間が終われば付加していた特約も終了となるので注意が必要です。

例えば、入院特約などの医療保険は主契約の保障期間が満期を迎えた後でも必要となるケースが多々あります。そのため今後の人生設計を踏まえて、加入時に保険プランをしっかりと作成しておくことが大切です。

また保障内容が異なる保険(主契約)にそれぞれ加入すると、大きな保障が得られる一方で保険料は高くなってしまいます。しかし、特約として保険を上乗せし保障内容を厚くする場合は保険料を安く抑えられるというメリットがるので、特約を上手く組み合わせて必要な保障を割安に充実させることが保険選びのポイントとなりす。

保障内容の優先順位をつけて保険料の支払いが負担になりすぎない程度で特約を付加し、高齢になった際に必要な保障内容が主契約として残るように保険を選ばれることをおすすめします。

参考URL:NTTイフ『主契約と特約って何?

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加