保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 生命保険のしくみ > 生命保険と損害保険の違い

生命保険と損害保険の違い

  • 人の生命を保障する生命保険、モノを補償する損害保険
  • 病気やケガといった分野はさまざまな保険会社が取り扱う
  • 医療保障については重複する部分などに注意して加入することが大切

損害保険とは

日常生活のなかで身の回りに起こりうるリスクには、ケガ・事故・災害・賠償責任などがあります。このような偶然のリスクによって生じた損害に備える目的の保険を損害保険といいます。

損害保険の補償の対象となるのはモノや財産が基本ですが人の身体を対象とする傷害保険もあり、モノや財産への損害のには自動車や自転車による事故や損害、家や家財の火災や地震により生じた損害、第三者の財産に被害を与えた場合の損害などがあります。

一方で傷害保険はケガに関わる損失を補償する保険です。偶然の事故で傷害を被った結果、入院・通院、後遺障害が生じたり死亡した場合に保険金が支払われ、年齢や性別・健康状態によって保険料の違いはないので子供からお年寄りまで気軽に加入できることが魅力の一つです。

ただし病気が原因で入院・通院あるいは死亡しても傷害保険だけでは保険金や給付金を受け取ることができないので、医療保険やがん保険に別途加入し保障を手厚くすることが必要です。

代表的な損害保険の種類
分類保険種類概要
車の保険自賠責保険法律で加入が義務付けられており、自動車事故により他人の身体に与えた損害を補償する保険
任意の自動車保険任意で加入でき人身事故だけではなく物損や自損事故も対象となる保険
バイク保険バイクの事故による損害を補償する保険
住まいの保険火災保険火災や天災・水漏れ・建物外部からの物体の衝突・盗難などにより建物や家財に被った損害を補償する保険(住宅総合保険など)
地震保険地震や噴火またはこれらによる津波により建物や家財に被った損害を補償する保険、火災保険とセットで契約する必要あり
からだの保険普通傷害保険突然の事故による入院や通院、死亡などで被った損害を補償する保険
旅行傷害保険国内旅行での病気やケガ、盗難の損害、物を壊してしまった時にかかる費用を補償する保険
その他の保険ペット保険ペットの病気やケガに対する治療費などを補償する保険
ゴルファー保険ゴルフプレー中のケガや賠償事故などを補償する保険
個人賠償責任保険他人の身体や財物に損害を与えた場合に対する補償
所得補償保険ケガや病気などで就業不能状態になった場合の収入減を補う保険

 

生命保険と損害保険の「ほしょう」の違い

保険を選ぶ際に「ほしょう」という文字をよく目にしますが、生命保険と損害保険では「ほしょう」の意味が大きく違います。「人の生死・ケガ」に関わる保険が生命保険で、生命保険では万が一の事態が起こったときに支障が起きないように保護する意味の「保障」を使います。

一方で、「モノや財産」に関わる保険が損害保険であり、被った損害を補って償う意味の「補償」が使われます。また保険種類によって分類に分けられており、生命保険会社で扱っている終身保険や定期保険のような死亡保険を「第一分野」といい、損害保険会社で扱っている自動車保険や火災保険のようなモノに対する保険を「第二分野」といいます。

さらに生命保険会社と損害保険会社の両方で扱われているのが医療保険や傷害保険のような「第三分野」の保険です。第一分野と第二分野は生保・損保それぞれの保険会社で取り扱われていますが、この第三分野だけは双方が取り扱うことができるのです。

保障と補償による範囲

医療保険は生命保険会社というイメージが強いですが、損害保険会社からも様々な医療保険がでており加入することができます。例えば損害保険会社の「実際に生じた損害額を補償する」実損てん補型の医療保険がありますが、この保険は設定された上限額の範囲内であれば自己負担額が補償されるという内容です。

自己負担額が10万円であれば10万円、100万円かかれば100万円補償されます。生命保険会社でも実損てん補型に似た内容の医療保険も出ていますが、このタイプの補償内容は損害保険会社が強い分野です。補償機能を重視したいのであれば実損てん補型の医療保険を、一生涯の保障が必要な場合は生保型の終身医療保険を選択すると良いでしょう。

医療保険と傷害保険の違い

第三の分野でもある医療保険と傷害保険ですが、保険金や給付金が支払われるケースに違いがあります。

保険金・給付金医療保険傷害保険
死亡保険金病気・ケガに関わらず死亡した時に支払われる不慮の事故で死亡した時に支払われる
高度障害保険金病気・ケガに関わらず高度障害になった場合に支払われる事故やケガで高度障害になった場合に支払われる
入院給付金病気・ケガによる入院で支払われるケガによる入院で支払われる
通院給付金病気・ケガで入院・手術した後の通院時に支払われる事故やケガの通院時に支払われる

このように医療保険は病気やケガをほとんどカバーしますが、傷害保険は事故または災害によってケガをした場合や第三者にケガをさせた場合が有効となります。傷害保険は比較的安い保険料で補償が厚い点がメリットであり、海外旅行傷害保険などは、海外旅行時の事故やケガ・盗難など幅広く補償されるので重要性は高い保険内容となっています。

しかし実際に入院となると病気が原因となるものが多く、傷害保険の入院給付金には該当しないパターンがあり、病気の際の保障が抜け落ちてしまいます。傷害保険はケガによる通院に関して医療保険とは違い、入院・手術をしなくても補償の対象となるので良い点もありますが、あくまでも医療保険の上乗せという考えで付けておきたい補償です。

参考URL:Yahoo!保険『生命保険会社と損害保険会社どう違うの?

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加