保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 特約の種類 > 終身保険特約

終身保険特約

  • 終身保険を特約として付加でき保険期間は一生涯
  • 現在では終身型がん保険や組立型総合保険で付加できる
  • 割安な保険料で付加できるが見直しがしにくいなどのデメリットも

終身保険特約とは

終身保険とは、被保険者が亡くなるまで死亡・高度障害保障があり、葬儀費用の備えや遺族に生活費として資金を残すことに適しています。

その保険機能を医療保険や組立型保険に特約として付加しているのが「終身保険特約」で、万が一の際の死亡・高度障害状態に備えることができます。他には定期保険特約・収入保障特約・生存給付金付定期保険特約などがありますが、それぞれ付加できるものと付加できない主契約があります。その中で、終身保険特約を付加できるのは以下のような保険の場合です。

終身型ガン保険に終身保険特約を付加したパターン

終身型ガン保険に付加するパターン

主契約の終身ガン保険(無解約払戻金型)に終身保険を特約として付加した保険で、ガンでの治療・入院手術の一生涯の保障に一生涯の死亡・高度障害保障を上乗したものです。

一般的にガン保険はガンによる入院・手術・治療に重点をおいているので、ガンが原因で亡くなった場合のための保障ではありません。そこで、特約として終身保険の死亡保障をつけておくと、万が一亡くなっても特約部分は保険料が掛け捨てになることがなく死亡保険金が支払われます。

また途中解約時にはガン保険は無解約返戻金型なので返戻金はありませんが、特約部分については解約返戻金が支払われます。

特約組立型総合保険

特約組立型総合保険に付加するパターン

特約組立型総合保険とは、主契約となる保険はなく特約のみで構成された保険です。一つの特約に一つの保障が条件となりますが、豊富なラインナップから自身に合った必要な保障の特約のみを選ぶことができ、保険金を支払われる内容がわかりやすいのが特徴です。

万が一への備え(死亡・高度障害保険金)や介護への備え(介護保険金)・就業不能への備え(就業不能年金・給付金)などをそれぞれの特約で組み合わせることができ、この万が一の備えのところに終身保険特約を付加して保障を厚くします。

終身保険特約のメリット・デメリット

終身保険特約は、死亡保障を手厚くしたい場合に用いられることが多いです。ガン保険は、ガンと診断された場合の「診断給付」がメインとなっており、亡くなった場合の保険金はもともと低く抑えられています。

さらに亡くなった場合に死亡診断書の死亡欄に「ガン」と記述がなければ死亡保険金を満額支払われないケースがありトラブルとなっていることがよくありました。たとえガンが原因であっても「肺炎」や心臓の機能が低下して「心不全」もしくは「呼吸不全」で亡くなることが多く、その場合は死亡欄を「ガン」と記述する医者は少ないのです。そうした場合に終身保険特約を付けていると、原因がガン以外の病気であっても亡くなった場合に保険金が支払われるので必要な死亡保障を備えられます。

終身保険は貯蓄型であり保険料が高いのが一般的ですが、特約として付けることで個々に保険に加入するより保険料は安くなります。しかし、一生涯の死亡保障の特約なので付加できる保険が限られており、今では特約として付加できる商品があまりありません。

参考URL:チューリッヒ生命『終身ガン治療保険プレミアム
参考URL:フコク生命『複合型保障 未来のとびら

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加