保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 生命保険の基礎知識 > 特約の種類 > 定期保険特約

定期保険特約

  • 掛け捨て型の定期保険を特約として主契約にセットする
  • 安い保険料で死亡・高度障害保障を手軽に手厚くできる
  • 全期型・更新型・限定期間型など必要に応じて保険期間を設定できる

定期保険特約とは

主契約となる保険にオプションとして定期保険の機能を付けることを定期保険特約といい、代表的な保険には「定期付終身保険」や「定期付養老保険」があります。

例えば同じ保険期間でみると、主契約となる保険と定期保険を別々で加入した場合では、定期保険特約として保険契約した方が一回当たりの支払い保険料は安くなります。少しでも保険料を抑えながら死亡・高度障害状態に備えるための特約といえます。

定期保険特約の特徴

特約として付加した定期保険の保険期間には、主契約が満期を迎えるまでの「全期型タイプ」の他に、「更新型タイプ」や「限定期間型タイプ」の3種類があります。

「全期型タイプ」

特約部分が全期型

主契約の生命保険と定期保険特約の保険期間を同じ期間にするタイプで、一回当たりの保険料は加入時から満期を迎えるまで変わることはありません。

保険期間内であればいつ亡くなっても、主契約と定期保険特約の合算した死亡保険金を受け取ることができます。満期を迎えると主契約の生命保険と特約の定期保険ともに更新はなく保障は終了してしまいます。

「更新型タイプ」

特約部分が更新型

特約の定期保険部分の保険期間を10年・15年と設定し、主契約の生命保険の保険期間よりも短くしたタイプです。主契約はそのままで特約部分の定期保険が先に満期を迎えた時点で、その時の健康状態に関わらず定期保険部分のみを更新することができます。

更新する際は定期保険の保障部分はそのまま継続されますが、保険料は更新時の年齢で再計算されるため保険料は更新する度に値上がりする仕組みになっています。もちろん特約を更新しない選択もできますし、定期保険部分の保障を減らして保険料の値上がりを抑えることも可能です。更新型タイプも主契約が満期を迎えると定期保険特約も終了となります。

「限定期間型タイプ」

特約部分が期間限定型

更新型タイプと同じように10年・15年と定期保険特約の保険期間を設定することができます。ただし限定期間型タイプは定期保険部分が満期を迎えても更新しません。特約の定期保険が満期を迎えると定期保険は終了し、主契約の保障のみが残ることになります。

このように定期保険部分の保険期間を設定することによって、保障を手厚くできる期間を絞ったりその後の保険料を抑えることができます。例えば、子供が成人を迎えるまで保障を手厚くするために、期間を限定して定期保険特約を付けるといったことも可能です。自身のライフプランに合った保障期間を選ぶことが大切です。

定期保険を特約として付けるメリット・デメリット

    メリット

  • 大きな保障が必要となる期間だけ付加することができる
  • 主契約の保険と定期保険に個々に加入するより保険料は安い
  • 大きな死亡保障が必要なくなれば主契約だけ残して定期保険特約は解約できる
  • 更新時の健康状態に関係なく、定期保険特約を更新できる(更新型)

定期保険特約のメリットは、大きな保障が必要となる期間だけ安い保険料で死亡・高度障害保障を付けることができる点です。保険期間内に万が一の事態が起きた場合は、主契約の保険と定期保険を合算した金額の保険金を受け取ることができます。

定期保険は保険料掛け捨て型であり、無事に満期を迎えると特約部分として受け取れる保険金はありませんが、特徴をうまく利用することで主契約の保険を一定期間補うことができます。

    デメリット

  • 定期保険特約のみ加入することはできない
  • 主契約の保険期間が終了すると、特約の保障もなくなる
  • 保険金の支払いは、死亡・高度障害状態になった時の1回のみ
  • 満期を迎えると特約としての機能がなくなる(全期型)
  • 更新時に保険料が値上がりする(更新型)
  • 定期保険特約のみ残して主契約を解約できない

特約のみ単独で加入することができないうえ、特約のみ残して主契約の保険を解約することもできません。したがって主契約の保険が終了あるいは解約した場合、定期保険特約も終了してしまい保障がなくなります。

定期保険特約をおすすめする方

子供がいる家庭の世帯主の場合、子供が独り立ちするまではたくさんの養育費が必要となります。そして子供が就職し独り立ちした後は、必要保障額は減少していきます。養育費が必要な時期に万が一のことが起きた場合に備えて、その期間に定期保険の保険期間を特約として付けることで必要保障額を補うことができます。

また夫婦共働きの場合でも生活費を分担されている場合は、お互いの死亡保障に上乗せする形で特約をつけておくと万が一の際は安心できます。更に世帯主が定年退職を迎え年金支給が始まるまでの期間に特約を付けておくことで、収入が減少する期間の万が一の備えとすることも出来ます。

参考URL:第一生命『定期保険特約

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加