保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > FAQ・用語集 > FAQ > タトゥー・刺青をしてる人は生命保険に加入できないの?

タトゥー・刺青をしてる人は生命保険に加入できないの?

  • 反社会勢力や健康上の理由で保険への加入が断られるケースがある
  • 保険会社によって対応が異なるので事前の確認が大事
  • 加入後にタトゥーを入れた場合に保険金支払いがトラブルになることも

タトゥー・刺青をしていると保険加入を断られる理由

万が一の事態や病気・ケガに備えて加入するのが保険ですが、保険は誰でも加入できる訳ではありません。スタントマンや潜水士などの危険を伴う職業の方や過去の病歴や現在の健康状態によって、保険会社が保険金や給付金を支払う可能性が高い場合は保険加入を断られることがあります。

タトゥー・刺青

最近ではタトゥをファッションとして気軽に入れる人も多くなってきていますが、タトゥーや刺青(入れ墨)をしていると保険加入を断られてしまうことがあります。その理由として以下の点があげられます。

    加入を断られる理由

  • 暴力団などの反社会的勢力である
  • 肝炎に感染しているなど健康上の理由

世界ではファッションやアートメイク、民族や文化の中でタトゥーや刺青をする人はいますが、日本で刺青やタトゥをしている人はごく一部です。公衆浴場やプール・スポーツジムなどでも刺青が入った人の利用も制限されており、社会的イメージはあまりよくありません。

反社会的な組織の構成員が刺青を入れていることもあり、一般企業と同じく保険会社も反社会的勢力との関係遮断を徹底しているので、たとえファッションやメイクの一部であっても反社会的勢力の可能性があると捉えられて、保険への加入を断る保険会社があるのも事実です。

また、以前は刺青を入れる際の消毒が不完全な針の使いまわしによって肝炎を発症するケースが多くありました。肝炎になると肝硬変や肝臓がんになる可能性が高いこともあり、健康上の理由や公平な負担ができなくなるという理由で保険会社が加入を断っていました。

生命保険に加入できるケースとできないケース

タトゥーや刺青がある人のすべてが生命保険に加入できないというわけではなく、保険会社によっては対応が異なるので加入できるところもあります。

保険会社による対応の違い
保険会社 反社会勢力 健康上の理由
保険会社A ×
保険会社B ×
保険会社C × ×

『加入できるケース(A)』
保険会社の約款の文言には「タトゥーや刺青」のことは書かれておらず、また告知書にもタトゥや刺青の有無を問われる質問事項はありません。告知義務のない無選択型保険や通販の保険会社で、タトゥーや刺青があることを告知しなくても健康状態に問題なければ保険に加入できます。

しかし対面販売の場合、保険担当者(保険募集人)は生命保険や医療保険を扱う立場として「タトゥーや刺青の有無」を質問することがあります。これは、反社会的勢力に属していないか、保険金や給付金を受け取る際の阻害する要因がないかを見極めるためです。

反社会的勢力であればどのような保険にも加入することはできませんが、保険会社によっては反社会勢力でないと認められればタトゥー・刺青があっても加入できるところもあります。ただし、加入後の保険金支払い時にトラブルにならないよう、タトゥ・刺青があることをありのまま申告しておかれることをおすすめします。

『加入できる可能性が変わるケース(B)』
最近では、血液検査などをして肝炎の感染がなく健康上の問題がないと認められたり、比較的小さめのファッションタトゥーや眉やアイラインのアートメイクなどであれば保険加入を認められるケースもあります。

タトゥー・刺青を入れている部位や大きさによっても引き受け基準は異なり、除去したことによって加入が認められたり、病気の原因や死因がタトゥー・刺青と関係なければ保険金が支払われる場合もあります。また、健康上の問題がないと認められる基準も保険会社によって異なります。

『保険に加入できないケース(C)』
反社会勢力でないとわかっていても、タトゥー・刺青を入れている部位や大きさに関わらず保険への加入を認めない保険会社もあります。たとえ約款に「タトゥー・刺青」のことが書かれていなくても、保険会社の内部規定によって加入を認めないと決めているからです。

タトゥー・刺青を申告せずに加入できた場合の注意点

身体にタトゥー・刺青があることを申告し保険会社が審査したうえで加入できたなら問題はないのですが、保険会社や担当者に申告せずに保険に加入できた場合は、保険金や給付金の支払いが発生した時に告知義務違反とみなされ保険金や給付金が支払われない可能性があります。

また保険加入後にタトゥや刺青を入れて肝炎や起因する病気を発症した場合、保険金や給付金の支払いを拒否する保険会社もあるので保険加入時に保険会社に確認しておく必要があります。

最近ではファッションやメイクの一部として気軽に入れることができるタトゥーですが、それが原因で保険加入が難しくなったり選択できる保険会社も限られてしまいます。また保険金の支払い時にトラブルにならないように、タトゥー・刺青があっても問題がないかどうか担当者や保険会社に事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

無料で利用できる保険相談サービスでは、保険に加入するための健康診断についてFPが分かりやすく教えてくれます。お得なギフトをプレゼントしてくれるキャンペーンを実施しているところもあるので、タトゥーを理由に保険加入について悩まれている方は一度相談されることをおすすめします。

参考URL:生命保険協会『反社会的勢力への対応

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加