保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > FAQ・用語集 > FAQ > 薬(ピルなど)を服用していたら保険に加入できないの?

薬(ピルなど)を服用していたら保険に加入できないの?

  • 医薬品の服用状態を総合的に判断して加入できるかどうか保険会社が決める
  • ピルは避妊や生理痛軽減を目的としている場合であれば加入できる可能性が大きい
  • 保険加入時に薬の副用についてきちんと告知しておくことが大切

薬の服用と保険の加入

生命保険や医療保険に加入する際には、被保険者の健康状態や過去の通院・手術歴や既往歴・薬の服用歴などを保険会社に告知する必要があります(告知義務)。

この告知項目の中に「過去2年以内に、医師の診察・検査・治療・投薬を7日間以上にわたって受けたことがありますか」という質問事項があります。例えば2年以内に鼻風邪をひいて耳鼻科で風邪薬を7日分処方され、薬を3日分しか飲まずに治ってしまった場合でも告知する必要があります。

薬の服用イメージ

自分の判断では風邪だと思っていても、医師の診察では「病名:副鼻腔炎・薬を7日分処方」とカルテに記載され、その事実を保険会社に告知することなく耳鼻科で手術が必要な病気にかかってしまった場合、告知義務違反となって手術給付金が支払われないこともあるので注意が必要です。

基本的に薬を服用しているという点のみを理由として、保険に加入できないということはありません。実際には服用している薬の種類や内容・期間、その薬がどんな病気の治療のために飲んでいるかなどを総合的に判断したうえで、保険会社が引き受けの可否を決めることになります。いざという時に告知義務違反にならないためにも、ありのままを申告しておきましょう。

告知が必要な薬と不要な薬

加入する保険の種類や保険会社によって、告知が必要・不要となる薬の基準は少し異なるので担当者によく確認しておきましょう。

    告知が必要な薬

  • 医師により7日間以上の投薬をうけた場合

この告知項目も保険会社によっては、5年以内・2年以内・3か月以内と期間も様々です。契約したい保険会社の告知書の質問事項にあてはまれば、すべて記入する必要があります。

注意が必要なのは、医師から(重篤な病気にならないように)投薬されて予防のために服用している場合も告知の対象になるという点です。病気にならないために飲んでいるから治療ではないように思えますが、服用が予防のためであっても「医師の投薬7日間以上」の項目に当てはまるので告知する必要があります。

    告知が不要な薬

  • 医師による投薬が7日間未満の場合
  • 医師から処方されていない市販の薬
  • 疾病の治療ではなく健康増進のためのビタミン剤やサプリメント
  • 避妊のためのピル服用

告知が不要な薬には、医師から処方されていない風邪薬や胃腸薬・頭痛薬などのドラックストアや薬局で市販されている薬やビタミン剤・サプリメントです。また医師から投薬されていても7日間未満の場合や避妊薬としてピルを処方された場合は告知の必要はありません。

ピルを服用していたら保険に加入できない?

ピルは排卵を抑制する効果があることから避妊薬としてよく知られていますが、避妊効果だけでなく生理痛の症状緩和や子宮内膜の増殖抑制などにも効果があります。その中で様々な副作用を大幅に軽減した低用量ピルは、安全性の高いものとして処方されることが増えています。

ピルは市販では購入できず、医師の診察・投薬が必要となるので生命保険や医療保険に加入する際の告知項目に該当してきます。避妊のために服用している場合は告知が不要の保険会社もありますが、それ以外での服用は告知が必要となります。

生理痛

またピルの副作用には頭痛や吐き気などの小さな症状から血栓症や乳がん・子宮がんなどの発生率が高くなるとの報告もあり、そのようなことからも保険会社では告知対象となっています。反対にピルの服用により婦人科疾患の発生率が低下することもあるので、ピルを服用しているから保険に加入できないといったことはありません。

服用理由・期間や量にもよりますが女性特約の医療保険などでは、特定部位の不担保として子宮や卵巣に条件が付いたり保険料を割増しされる場合があります。だからといって、避妊以外の目的でピルを服用していることを申告せずに婦人科疾患になった場合は、給付金や保険金が支払われない恐れがあるので注意が必要です。

薬を服用している場合の申告する際のポイント

保険会社はどんな病気の治療や予防に対して薬を服用しているかで、将来発症するかもしれない病気のリスクを見極めているので、具体的に薬品名や服用回数などを虚偽なく申告することが大切です。

例えば、高血圧で医師から処方された薬を定期的に服用している場合は、「薬品名と数量、服用回数」に加えて「病院には3か月に1回、経過観察のために定期的に通院。薬服用により症状が安定しているとの医師の診断あり」など薬を服用していることによって症状がどうなっているかなどを具体的に記載することもきちんと保険金を受取るためには大切なポイントです。

薬を投薬してもらうということは病院のカルテに病名や症状がすべて記入されており、保険金や給付金の支払事由が発生した場合には虚偽や申告漏れがないか保険会社は調べることになります。「これくらいは大丈夫だろう」と自身で判断するのではなく、症状や投薬に関して不明な場合は病院に確認したり、申告するかしないかの判断で迷った場合は保険会社や担当者にしっかりと確認しておくことが大切です。

参考URL:AllAbout『保険に入れない健康状態ってどんなもの?

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加