保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > FAQ・用語集 > FAQ > 保険料を支払えなくなった場合は?(保険失効と猶予期間)

保険料を支払えなくなった場合は?(保険失効と猶予期間)

  • 払込期月から1ヶ月の払込猶予期間があり、その期間に払込みがないと失効する
  • 無駄な保障を見直したり保険期間を短くするなど、保険料を抑えて毎月の払込みができるように工夫する
  • 貯蓄性のある保険であれば、自動振替貸付制度を利用すれば失効を防ぐことができる

保険料が支払えなくなった場合は解約しかないの?

生命保険の保険料の支払えなくなっても、すぐに保険が失効するわけではありません。生命保険会社では、保険の契約者が保険料支払い期日に間に合わなかった場合でもすぐに保険の失効とならないように一定の払い込み猶予期間を設けており、払い込み猶予期間内に保険料を支払うことができれば保険の契約には影響されることなく保障は継続されます。

自家計に困る夫婦

仮に保険料が払えないからといって安易に解約してしまうと、今まで支払ってきた保険料は無駄となる上に、必要な保障はたちまち無くなってしまいます。その後病気などを患ってしまった場合や亡くなってしまった場合は保険金として何も受け取れるお金がなく、新たに保険に加入しようと思っても持病がある方や高齢の方は、保険加入時の審査に通らない可能性もあります。

そのため「保険料が払えないから」という理由で保険の解約を検討している場合は、保険を解約せずに継続できる対処法を利用して、必要な保障をキープできるようにすることをまず考えてみましょう。

生命保険料の支払い猶予期間と保険の失効

保険料の払い込み方法には、一時払いのように契約時に保険料を全額支払う場合もありますが、「月払い」「半年払い」「年払い」のように定期的に支払う方法があります。

生命保険の契約を継続していくためには、払い込み方法に応じた期日までに保険料を支払う必要がありますが、保険料が支払期日までに支払えなくても決められた猶予期間内までに支払うことができれば、保険が失効されることはありません。その期間を保険の「払込猶予期間(はらいこみゆうよきかん)」といいます。

保険の種類にもよりますが、払込猶予期間を過ぎても保険料の払い込みがなかった場合は、解約返戻金がある保険契約の場合は自動振替貸付が適用され、解約返戻金のない保険契約の場合は保険の契約は失効となります。

払い込み方法保険料の払込期日払込猶予期間
月払い月単位の契約応当日の属する
月の1日から末日まで
払込期日の翌月の
1日から末日まで
半年払い半年単位の契約応当日の属する
月の1日から末日まで
払込期日の翌月の1日から翌々月の月単位の契約応当日まで(月単位の応当日がない場合は翌々月の末日まで)
年払い年単位の契約応当日の属する
月の1日から末日まで

一般的に保険料の支払い方法が月払いの場合は、保険料を元々支払うことになっている日(払込期日)の翌月の1日から末日までが払込猶予期間です。

払込期月と猶予期間

上の例では、8/20が月単位の契約応当日となるので、払込猶予期間は9/1から9/30までとなります。その期間内に保険料を支払えば保険は継続されることになります。

また半年払いや年払いの場合は、払込期日の翌月の1日から翌々月の契約応当日までが払込猶予期間となります。保険が失効すると保険の効力はなくなり、保険金や給付金が支払われないので注意が必要です。

生命保険料の支払いが困難なときの対処法

    保険料の支払い金額を減らして保険を継続する

  • 保険の特約を外したり保険の一部を解約する
  • 保障額を減額する
  • 保険契約の変換をする
  • 保険期間や保険料払込期間を変更する

一回あたりの保険料の支払金額を下げれば保険料を支払っていくことが出来るか、保障内容を見直すことが第一です。例えば保険の一部を解約することで契約している保険金額を減らし、保険料を減額することが出来ます。

また不要となった特約を解約したり、定期付終身保険であれば特約の定期保険部分を解約するなど保障を小さくすることで同じような効果がでます。また保険の変換をすることで保障額を減らすことなく、現在の高い保険料の保険契約を別の安い保険契約にすることができ、変換後の保障内容によっては責任準備金が戻ってくる場合があります。

他には、保険期間や保険料の払込期間を変更することで保障額を変えることなく保険料の負担を軽減することができます。ただし払込期間を長くするか短くするかについては、保険の種類によって保険料減額の効果が異なるので保険会社に確認することをおすすめします。

自動振替貸付制度を利用し保険を継続する

払込猶予期間が過ぎても保険料が払えない時は、自動振替貸付制度を利用して保険を継続することができます。解約返戻金から立て替えて保険料を支払う仕組みなので、この制度を利用できる保険は終身保険や養老保険・学資保険や個人年金保険のような貯蓄性のある保険に限られており、保険料掛け捨て型の定期保険や医療保険・ガン保険には利用することができません。

この制度はあくまでも貸付なので複利・年利の利息が発生します。また、返済する前に満期を迎えたり保険金が支払われることになった場合は、本来受け取れるはずの保険金額から立て替えられた未払い分の保険料とその利息が差し引かれた金額が支払われることになります。

    以後の保険料を支払わずに保険を継続する

  • 払済保険に変更する
  • 延長(定期)保険に変更する

払済保険や延長(定期)保険は、現在の保険の解約返戻金を原資にしてこれから先の保険料の支払いをゼロにし、保険を続けることができる仕組みとなっています。保障はそのまま確保できるので将来的に保険料の負担を無くすことが出来る点が大きな節減効果となっています。

払済保険は保障期間(満期)は変えずに、死亡保険金額の金額を小さくするという方法で、延長(定期)保険は死亡保険金の金額は変えずに、保障期間を短くする方法です。この二つの方法のデメリットは、特約が消滅してしまうことです。医療保障や入院保障などの特約を付けていた場合は、特約としての機能が無くなってしまうので、健康状態に不安がある人は注意をする必要があります。

参考URL:エヌエヌ生命保険『保険料のお払込猶予期間とご契約の失効について

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加