保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > FAQ・用語集 > 用語集 > 復旧と復活

復旧と復活

  • 延長保険や払済保険に変更したものを元の契約に戻すのが復旧
  • 保険料の支払いが滞り失効していた保険を有効にするのが復活
  • 再度健康告知が必要となり一括でまとまった保険料を支払う必要がある

生命保険の復旧と復活

復旧とは

契約時の生命保険を何らかの理由で「減額」・「延長(定期)保険」・「払済保険」へ変更した後に、保険会社が定める期間内で元の契約に戻すことを「復旧」と言います。

復旧すると変更前と同じ保険料や保障内容に戻すことができますが、復旧する際には健康状態の告知や医師の診査が必要となり、さらに復旧部分の積立金の不足額を支払う必要があります。

復活とは

保険料が支払えなくなったなどの理由で保険契約が失効した後に、保険会社が定める期間内で元の契約に戻すことを「復活」と言います。一般的に死亡保険の場合は失効後3年以内、変額保険の場合は失効後3か月以内と復活できる期間が定められており、医療保険とがん保険は保険会社によって復活できる期間は異なります。

復活すると失効前の保険料や保障内容に戻すことができますが、復活する際も復旧と同じように健康状態の告知と医師の診査が必要となります。健康状態に問題がなければ、滞っていた期間の保険料とその利息をまとめて払い込むことで元の契約に戻すことができます。ただし、失効ではなく解約となった保険の契約を復活させることはできません。

復旧と復活の違い
項目復旧復活
保険契約変更後
(減額、延長保険、払済保険)
失効後
保障内容・保険料変更前(契約時)と同じ失効前と同じ
利用可能期間2~3年以内
(保険会社による)
死亡保険:3年以内
変額保険:3か月以内
(保険会社による)
告知・診査必要必要
必要な支払い・復旧部分の積立金の不足分
・所定の利息(保険会社による)
・失効期間中の保険料総額
・所定の利息(保険会社による)

                      

復旧・復活するメリット・デメリット

    メリット

  • 復旧・復活前の保険料・保障内容が適用される
  • 予定利率を元に戻すことができる
  • 満期のある保険は新たに契約するより満期までの期間が短い

復旧や復活は元の契約の保険料となるので、若い時に契約した保険であれば解約して新規で申し込むより1回当たりの保険料の支払いを抑えることができます。また復旧・復活は保障内容を元の契約に戻すことができるので、元の契約が高い予定利率だった場合は予定利率を元に戻すことができます。

さらに満期のある保険を失効後に復活する場合、新たに保険契約するよりも満期までの期間が短いため満期保険金を早く受け取ることができます。

    デメリット

  • 復旧・復活ができる期間が限られている
  • 健康状態によっては利用できない
  • 積立金の不足分や滞っていた期間の保険料を一括で支払う必要がある

復旧や復活は利用できる期間が各保険会社で決められており、所定の期間を超えると元の契約に戻すことはできません。一般的には契約内容を変更または失効してから2~3年以内となっていますが、変額保険などの保険種類によっては3か月以内と期間が短いものもあります。

また復旧や復活をするには、健康状態の告知や医師の診査が必要となります。過去に病気やケガで手術の経験があるなど健康状態に不安がある方は、保険会社の審査に通らず復旧・復活ができない可能性があります。

さらに積立金の不足分(復旧)や滞ってた期間の保険料(復活)などを一括で支払う必要があり、支払額によってはかなりの負担が生じる可能性があります。一括で支払いをしてでも、復旧・復活する価値のある保障内容・保険料なのかよく確認することが大切です。

復活に関しては、被保険者が亡くなっている場合や解約返戻金を受け取ってしまっている場合は利用できません。また復活すると自殺による免責期間はリセットされるため、復活の責任開始日から一定期間内(1~3年)の自殺に関しては保険金が支払われないので注意が必要です。

復旧・復活は一部の保険会社では取り扱っておらず、また取り扱っていても適用条件は保険会社によって異なります。復旧や復活はメリット、デメリットがあるので無料で利用できる保険相談を利用してファイナンシャルプランナーからアドバイスを受けられることをおすすめします。

参考URL:生命保険文化センター『復活・復旧

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加