保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > FAQ・用語集 > 用語集 > 契約者貸付制度

契約者貸付制度

  • 払い込んだ保険料の範囲で保険会社からお金を借りられる
  • 利率が低く返済期限なども無いので上手く活用すればメリットも
  • 利息は複利で計算されるため早めに返済しておくことが大切

契約者貸付制度とは

加入している生命保険の解約返戻金を担保として保険会社からお金を借りる制度を「契約者貸付制度」といいます。銀行等の金融機関で融資を受けることとは仕組みが異なり、自分が加入している生命保険の解約返戻金を元に貸付を受ける仕組みです。

貸付利率は生命保険の契約の時期にもよりますが、一般的には加入した生命保険の予定利率に1~2%程度を上乗せした金利となっています。また貸付限度額は保険会社や生命保険の種類にもよりますが、一般的に解約返戻金の70~90%の範囲内です。急にお金が必要になった場合にお金を借りる手段として有効な制度となっています。

契約者貸付制度の利点

    メリット

  • 一般の融資に比べると金利が低い
  • 返済期限がない
  • 手続きが簡単
  • 細かい審査がない
  • 何度でも利用可能

契約者貸付は自身の生命保険を利用してお金を借りるので、一般的なカードローンや融資、消費者金融の金利相場(~18%)と比較すると格段に低い金利となっています。大手保険会社の貸付利率は高くても6%程度です。

また通常のローンと異なる点は、ローンのための細かい審査がないことや返済期限が決まっていない点です。金融機関でローンを受ける際は審査があり審査に通らなければローンを受けることが出来ない場合があります。しかし生命保険の契約者貸付制度を利用する際は、手続きは書類を送るだけもしくは保険会社のホームページ上で完結し面倒な審査はありません。

その上、毎月返済をしなければならないローンのような決まりはないので、いつ貸付された金額の一部あるいは全額を返済しても構いません。保険会社からのお知らせは届きますが、しつこい督促はなく信用情報にも一切記録されません。

更に全額返済すれば加入している生命保険の保険金を減らすこともなく、解約返戻金の範囲内であれば何度でも貸付を受けることができ、保険を解約せずにお金を準備できる点もメリットといえます。

契約者貸付制度の注意点

    注意点

  • 保険種類によっては利用できない
  • 契約者本人のみ利用可能
  • 利率が年利・複利で適用される
  • お宝保険は貸付金利が高い
  • 保険契約が失効してしまうことがある
  • 祝い金がある場合、返済額を差し引かれてしまう
  • 返済前に満期を迎えたり死亡した場合は、保険金から元金と利息を引かれる

契約者貸付制度はどのような種類の生命保険でも利用できるわけではありません。一定の解約返戻金がある貯蓄性の高い生命保険のみ利用できるので、掛け捨て型の定期保険や医療保険では利用することができません。

また契約者貸付を利用できるのは「契約者本人のみ」です。被保険者や保険金受取人は貸付を受けることができません。例えば学資保険の場合、貸付を受けられるのは被保険者(子供)ではなく保険料を支払っている契約者(親)となります。したがって学資保険でこの制度を利用できるのは契約者である親が対象となります。

契約者貸付制度は、保険会社からお金を借りているので利息がつき、その利息は年複利で計算されます。例えば4%の利率で100万円の貸付を受けたとします。お金を1年間返済せずに借りたままだとすると、翌年には104万になります。さらに2年後には104万円に4%の利息がつくので約108万円となり、返済額は年々増加していきます。

仮に20年ほど昔に契約をしたお宝保険は5%と利率が高い保険なので、お宝保険の解約返戻金を担保に貸付制度を利用するとその分貸付利率も高くなるので注意が必要です。

もし貸付を受けてから返済せずにいると、利息は複利運用され返済額もかなり膨れ上がることになります。学資保険などの満期のある保険は、祝い金から返済額を差し引かれた金額が祝い金として支払われます。

最悪なパターンとして元金と利息の合計が解約返戻金を超えてしまった時や、保険料も支払えない状態になった場合には保険契約自体が失効となってしまいます。一時的に貸付を受けることには利点もたくさんありますが、将来の返済の計画もなく貸付制度を利用することのないよう気を付けることも大切です。

契約者貸付制度の申し込み方法

    申込み方法の種類

  1. 郵送
  2. インターネット
  3. 窓口来店による申し込み
  4. 電話のよる自動取引サービスの利用

契約者貸付制度の申請からお金が振り込まれるまで、通常1週間程度の期間が必要となります。インターネットや電話での自動取引サービスを利用して所定の時間までに手続きが完了すると、当日中に指定口座に振り込まれる保険会社もあります。

保険会社によっては申し込み方法や振り込み方法など異なる場合もありますので、加入している生命保険会社に確認されることをおすすめします。

参考URL: ITmediaビジネス『契約者貸付制度の4つの落とし穴とは

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加