保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険の選び方見直しポイント > ライフステージごとの選び方 > 結婚した時の生命保険の選び方

結婚した時の生命保険の選び方

  • 専業主婦、共働きなど働き方によって生活保障を変える
  • 死亡保障は夫婦ともに終身保険、妻は医療保障として女性保険も検討する
  • 結婚時に必要保障額などを見直し、今後の保険プランを設定しておく

結婚した時の生命保険

独身の頃は全く保険に関心がなかった人でも、結婚をきっかけに保険の加入を検討する人が多いと言われています。結婚は人生の中で大きなライフイベントであり、パートナーとの新しい生活が始まって独身時代と違ったお金の管理が必要となります。

お金の収支やライフスタイルの変化は生命保険の必要保障額の見直しをするタイミングですが、結婚してもパートナーの働き方の違いによって加入すべき保険種類や保障内容は異なります。

結婚式

まず第一に夫婦共働きの世帯と妻が専業主婦の世帯、もうすぐ子供が生まれる世帯では、保険に加入する目的が異なり保障の優先順位も様々です。子供が生まれて扶養する家族が増えるほど大きな保障を備えることが大切ですが、子供が生まれるまではそれほど大きな保障は必要ありません。

夫婦の働き方のスタイルは各家庭で違うので、必ずしも結婚した全ての夫婦が生命保険へ新たな加入が必要という訳ではありませんが、万が一の事態や病気やケガでパートナーに心配や経済的負担を掛けたくないという方は保険で備えておくと安心です。また独身時代に既に生命保険に加入している場合や親が掛けてくれていた生命保険がある場合は、保障内容や保障期間などに無駄がないかを見直す必要があります。

結婚した人におすすめの生命保険

    新婚時に備えておきたい保険

  • 終身保険・・・葬儀代のための死亡保障
  • 収入保障保険、所得補償保険・・・パートナーのための生活保障
  • 医療保険、ガン保険、三大疾病保障保険・・・入院や手術に備えるための医療保障
保険参考例:妻が専業主婦の場合
死亡保障終身保険終身保険
生活保障収入保障保険・所得補償保険
医療保障医療保険・ガン保険
三大疾病保障保険
医療保険・ガン保険
三大疾病保障保険・女性保険

                     

「死亡保障」

夫婦の働き方によって保障額は異なりますが、子供が生まれる前の夫妻お互いの死亡保障としては自身の葬儀関連費用と貯蓄を兼ねて終身保険で備えると良いでしょう。

例えば、妻が専業主婦の世帯であれば残された妻が生活していくための必要保障額はいくらになるか、夫婦共働きの場合は自身の葬式代やお墓代として貯蓄や社会保障以外でどれくらい備える必要があるかを計算することが大切です。亡くなった時にお互いに迷惑をかけないためにも、葬儀関連費用として夫婦共に終身保険で死亡保障を備えておくと安心です。

ただし終身保険は一生涯の保障なので他の保険に比べると保険料は高いです。少しでも一回当たりの保険料を抑えたい場合は、一定期間の解約返戻金額を抑えた低解約返戻金型終身保険か保険料掛け捨て型の定期保険で万が一の事態に備えることも出来ます。

「生活保障」

死亡保険は亡くなるか高度障害状態になると保険金が支払われますが、病気やケガで働けなくなった状態では保険金は支払われません。妻が専業主婦の場合に夫が働けなくなったり万が一の事態が起こると、妻の生活に大きな支障が生じます。世帯主である夫が会社員か自営業かによっても、働けなくなることのリスクは大きく異なります。

例えば会社員の場合は病気やケガで働けなくなっても疾病手当が支給されますが、自営業やフリーランスの方が働けなくなった時は支給される手当金がなく収入が減少してしまいます。自営業やフリーランスの方は、働けなくなった時の生活費の事を考えて所得補償保険で備える必要があります。

また収入保障保険は死亡保障ですが、夫に万が一の事があった時に残された妻の生活費として保険金が月々支払われるので、終身保険とセットで備えておくとより安心です。

「医療保障」

医療保険は病気やケガによる入院や手術に備えるための保険で、独身時代から加入している方も多いはずです。独身時代から入ってる医療保険がある場合は、保障内容や保険期間に不足や無駄がないかを見直すことが大切です。

一方で結婚のタイミングで医療保険やガン保険・三大疾病保障保険への加入を検討する場合は、保険料は掛け捨て型であっても保険期間は一生涯の終身タイプがおすすめです。医療保険やガン保険・三大疾病保険は高齢になるほど必要性が高くなり、保険料も年齢と共に上がっていきます。

会社の福利厚生制度や公的な健康保険の保障も考慮して重複する無駄な保障をできるだけ減らして、夫婦になっても個々に必要最低限の医療保障で急な病気やケガ、がんや三大疾病に備える必要があります。

特にこれから子供の誕生を考えている新婚夫婦の場合は、妊娠・出産時のリスクを考えて奥さまの医療保険は早めに加入しておくことが大切です。妊娠してからの保険への加入は保障対象が制限されるなどの条件が付き、保険会社によっては妊娠中は加入できない保険商品もあります。

また不妊治療の費用を保障してくれたり、出産する度に給付金が支払われるなどの出産をサポートしてくれる保険もあるので、結婚したら夫婦で一度検討してみると良いでしょう。

結婚した人が保険に加入・見直しする際のポイント

    ポイント

  • 将来設計やライフスタイルを共有する
  • 必要な保障の優先順位をつける
  • 必要保障額を計算する
  • 必要がない保障と残すべき保障を見極める

新婚夫婦にとって必要な保障は、パートナーの働き方や子供の有無によって優先順位が異なります。共働きの夫婦の場合であれば仕事をお互い続けていくか子供はどうするかなど、これから考えているお互いのライフプランを共有することが大切です。そして保険に入る目的を明確にして夫婦のライフプランに照らし合わせてどんな保障に一番重点をおきたいか優先順位をつけて保険選びをすると良いでしょう。

また夫婦の働き方やライフスタイルによって保険の必要保障額が変わります。特に共働き夫婦場合は会社の社会保障制度の内容によって金額が変わってきます。公的保障だけでは不足する分を補うために、しっかりと計算して必要となる保障額を設定することが大切です。

結婚したら必要な保険の手続き

    必要な手続き

  • 住所変更や郵便物送付先の変更手続き
  • 名義変更手続き
  • 保険金受取人の変更

独身時代から加入している保険や親が掛けてくれていた保険は、すぐに解約するのではなく必要に応じて保障額を増減したり保障期間を変更したりして活かせる保険は継続するなど一度見直すことが大切です。貯蓄型の保険は、保険の転換制度を利用して保険料負担を軽減することも出来ます。

現在加入している保険があり結婚して苗字が変わる場合は、保険の名義変更の他に保険料引き落とし口座や保険料の支払いクレジットカードの名義変更の手続きも同時にしておきましょう。名義変更していない為に、保険料が引き落としされないトラブルが起こらないように注意が必要です。

また死亡保険に加入している方が結婚した場合、保険金受取人を両親から配偶者に変更することをおすすめします。万が一被保険者が亡くなった時の保険金の受取人が法定相続人である配偶者であれば、保険金にかかる税金に対して一定の金額が非課税となり税制面で優遇されます。

結婚するとお互いが描いているライフプランを共有して保険プランを設計することが大切ですが、必要保障額を計算するなど専門的な知識と判断が必要になってきます。保険だけではなく生活設計の見直しや新婚カップルに人気の保険商品を紹介してくれるので、一度保険の無料相談をご利用されることをおすすめします。

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加