保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険の選び方見直しポイント > ライフスタイル別の選び方 > 独身男性の生命保険の選び方

独身男性の生命保険の選び方

  • 若いうちは医療保険など必要最小限の保険に加入しておく
  • 1人暮らしやフリーランスの方は所得補償保険を
  • 40代を迎えると老後に備えて介護保険や個人年金保険への加入を検討

独身男性にとっての保険の必要性

若い世代の独身男性は健康に自信があるため保険は必要ないと考える方が多いですが、生命保険に加入したという話を周りから聞いたり職場の保険担当者に生命保険をすすめられたりすると、保険に加入していないことが不安に感じる方もいると思います。

だからといってすすめられるがまま保障内容をあまり理解せずに加入すると、自分には必要のない無駄な保険料を払い続けることになる可能性があります。自分に必要な保障を備えた保険に入ることで、不安を解消することができ万が一のリスクにも備えることができます。

独身男性

独身の男性の場合亡くなった時の死亡保障はあまり必要ありませんが、事故やスポーツ・レジャー中でのケガが原因で入院・手術が必要となる可能性が高いので、医療保険に加入しておくと安心です。また入院したことによって収入が減少する可能性が高い自営業やフリーランスの方は、所得補償保険で就業困難時の収入減に備えておくと安心です。

万が一の時に役に立つのが保険です。親や兄弟などの周りの人に金銭的負担をかけないように、病気・ケガを含む万が一のリスクに備えて必要最低限の保障は備えておきましょう。

独身男性におすすめする生命保険

    ポイント

  • 医療保険・・・ケガや病気での入院・手術に備える医療保障
  • がん保険・・・がんに特化した医療保障
  • 終身保険・定期保険・・・葬式代としての死亡保障
  • 所得補償保険・・・病気やケガで就労困難状態となった時の収入減に備える保障
  • 個人年金保険・・・将来ゆとりのある老後生活を送るための保障

独身男性だけに限りませんが保険を選ぶ際には、自分に必要な保障の優先順位をつけることが大切です。まずは自分自身のために医療保険を優先的に考えましょう。特に貯蓄がない方の場合は入院・手術費用などの医療費が金銭的に負担となるので、早目に医療保険に加入することをおすすめします。

また治療費が高額になりやすい「がん」に備えて、がんと確定診断されたときに一時金を受け取れるがん保険も検討してみましょう。保険に加入する際は、健康状態の告知や医師の診査が必要となります。一度大きな手術をしたり病気を患ってしまうと、病気の原因となった特定部位は保障しないという特定部位の不担保条件が設けられたり、保険会社の審査に通らない可能性があります。また健康診断で要治療や要検査の結果が出た場合も保険会社の審査に影響を及ぼすので、できるだけ健康なうちに加入しましょう。

他にも自営業やフリーランスの方であれば、病気やケガで入院が必要となった場合の収入減に備えて所得補償保険に加入することをおすすめします。就業困難状態となった場合、会社員の方は有給休暇を利用したり会社の健康保険から疾病手当金を受け取ることができますが、自営業やフリーランスの方は収入が途絶えてしまう可能性があります。自営業やフリーランスの方にとって、所得補償保険は医療保険と共に重要性の高い保険です。

独身男性にとって高額な死亡保障はあまり必要ありません。ただし独身男性であっても養わなければならない親や兄弟がいる場合は、死亡保障で万が一の際に備える必要があります。また貯蓄のない方は、万が一に備えて自身の葬式代として最低限の死亡保障に加入しておくことをおすすめします。

また貯蓄することが苦手な方や将来の公的年金の受給額に不安を感じる方は、個人年金保険で将来のゆとりある老後生活を送る準備をしておくことが大切です。ずっと独身でいる可能性がある人の場合は、介護が必要となった場合のことも考えて老後にかかる資金準備を早目に行っておきましょう。

年代別、生命保険の選び方

(20代)
20代になって社会人となると経済的に自立することになります。自分が病気やケガをして入院が必要となった場合や万が一の場合のリスクに備えて保険に加入しておくことが大切です。

20代の独身男性の場合、これから結婚や子供の誕生などライフスタイルも大きく変化する時期です。保険選びはライフタイルに合わせて見直す必要があるので、独身である今は誰かに残すための死亡保障より自分自身の医療保障に重点をおいて検討しましょう。

また若いうちは保険料の支払いが生活を圧迫することのないように、収入のおよそ1%が保険料となるように保障を備えることがポイントです。例えば医療保険の場合は、保障が一生涯続く終身型であっても年齢が若ければ保険料も安く抑えることができます。余裕があればがん保険や三大疾病保障保険も検討してみましょう。

(30代)
30代の男性は、仕事を任される立場となり収入も安定してきた時期だと思います。生活に余裕ができ十分な貯蓄がある方の場合は保険はあまり必要ありませんが、貯蓄が苦手な方の場合は入院・手術のリスクに医療保険で備えることが大切です。また入院した時に個室や食事療養を利用したい方であれば、入院時にかかった費用の全てを補償してくれる実費補償(保障)型保険に加入しておくと安心です。

他にも両親や兄弟を養う必要のない方であれば大きな死亡保障は必要ありませんが、自身のお葬式代のために保険料負担が小さい低解約返戻金型終身保険がおすすめです。

30代になると健康診断で数値が基準値を超えて要経過観察や要再検査となることもあり、少しづつ自身の体調や健康を意識し始める年代です。一般的に医療保険や生命保険に加入する際は、健康状態の告知と医師の診査が必要となります。一度大きな手術をしたり健康診断で「要精密検査」や「要治療」の結果がでると、保険会社の審査に通りにくくなり保険の加入を断られたり特定部位の不担保の条件付きでの加入となる可能性が高いです。特に付き合いや接待などでアルコールを摂取する機会が多い方や喫煙する回数が多い方など健康面で不安がある方は、早めに医療保険やがん保険に加入しておくことをおすすめします。

(40代・50代)
仕事面では役職に付くなど責任者として活躍されている方が多いこの世代は、がんなどの病気を発症する確率も高い年代です。そのため医療保険の他にがん保険や三大疾病・七大疾病など病気に対して幅広い保障を備えることが大切です。

また社会問題となっている「うつ病」は40代の患者数がトップになっています。うつ病になっても加入できる保険はありますが、一度うつ病などの病気を患うと一般的な保険に加入することは難しいといわれています。

病気を患う前に保険に加入することも大切ですが、病気やケガで就労不能状態となったときのリスクに備えることも大切です。入院・手術の保障の加えて就労不能状態となり収入が減少するリスクに対して、所得補償保険で備えておくと安心です。

50代になると、老後生活も意識し始める方もいらっしゃると思います。特に独身男性の場合は、要介護状態となった時のリスクを考える必要があります。公的介護保険制度では利用できない充実したサービスを受けたい場合や施設に入居を検討している場合はそれなりのお金が必要です。公的介護制度や貯蓄だけでは不安に感じる方は、早めに民間の介護保障保険に加入しておくことをおすすめします。

また退職後の生活に不安を感じる方やゆとりある老後生活を送りたい方は、個人年金保険に加入しておきましょう。無料で利用できる保険相談サービスでは保険のプロであるFPがおすすめのプランなどを作成してくれます。またキャンペーン中でお得なギフトをプレゼントしてくれるので、この機会に一度利用されることをおすすめします。

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加