保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険の選び方見直しポイント > 目的、シーン別の選び方 > 海外旅行保険

海外旅行保険

  • 傷病、疾病治療費の補償があり、カードでキャッシュレスで使えるタイプがおすすめ
  • 旅行先と日数に応じて損保会社かクレカ付帯の保険を使い分ける
  • 海外での日本語サポートがあるといざという時に助けてくれる

海外旅行保険とは

海外旅行保険は、渡航先で予期せぬトラブルやアクシデントが生じた場合に金銭的な負担を軽減してくれる保険です。海外は治安や風土、食事や衛生状態が日本と異なり、旅行中はトラブルに巻き込まれたり体調を崩す可能性が高くなります。海外の医療制度は日本と異なり健康保険も使えないので、渡航先の医療制度によっては治療費や医療搬送費など合わせると1,000万円を超える金額を請求されることもあります。

また航空機の遅延や空港で預けた荷物の行方がわからなくなったり鞄やカメラの盗難など予想外の出来事が多く、そのトラブルの解決に言葉が通じにくいなか一人で対応しなければなりません。このような様々なトラブルが起きた時に役に立つのが海外旅行保険です。

海外旅行をする女性

海外旅行保険の補償期間は、海外旅行の目的をもって自宅を出発してから帰宅するまでの間です。保険の加入はフライト直前であれば空港やインターネットで手続きすることができますが、事前に加入しておくと自宅を出てから空港までの国内での傷害事故も補償されます。事前に保険に加入しておくと、保険料の割引や必要な特約を付加して自分にあった補償を備えることができます。一方、空港で加入する保険は補償内容が決まっているセット商品なので、自分には必要のない補償も含まれていることもあり事前に加入するより保険料が高くなることがあります。

    海外旅行保険を選ぶ際のチェックポイント

  • 保険利用が多い治療費補償や救援者費用補償、携行品補償が含まれているか
  • 治療費補償がキャッシュレス診療に対応しているか
  • 旅行キャンセル補償や航空機遅延補償などの補償範囲
  • 家族の補償
  • 海外での日本語サポート体制

海外旅行保険で最も利用されているのが、渡航先で病気やケガで医師の治療を受けたときの費用が補償される「傷病、疾病治療費補償」です。(保険会社によっては、渡航先で亡くなった場合や病気やケガで一定期間以上入院した場合に家族が駆けつける費用を補償する「救援者費用補償」がセットになっている商品があります。)

医療制度が異なる海外では救急車を要請すると数万円かかるうえ手術などを行うと数百万円かかる場合があり、治療費が高額になるケースがあります。例えば虫垂炎を患った場合の日本での盲腸手術の治療費は約40万円に対して、アメリカのホノルルでは救急車要請費用が約5~6万円かかり手術治療費で約256万円必要となります。健康保険の「海外療養費制度」を利用すると一部の医療費の払い戻しを受けることができますが、高額な治療費がかかった場合は自己負担額が大きくなります。したがって海外旅行保険を選ぶ際には「傷病、疾病治療費補償」の補償額に不足がないかをチェックする必要があります。

また「傷病、疾病治療費補償」と一緒にチェックしておきたい補償内容が「キャッシュレス診療」に対応しているかどうかです。一般的に海外でかかった治療費は、本人が現地で精算してから帰国後に保険会社に費用を請求することになります。キャッシュで対応できない程の高額な医療費となった場合やクレジットカード未対応の病院の場合は、「傷病、疾病治療費補償」があっても支払いに困ることになります。海外では支払いができないとなれば、治療を拒否される可能性もあります。「キャッシュレス診療」は、保険会社が病院に直接費用を支払ってくれるサービスなので便利です(「キャッシュレス医療」や「キャッシュレス・メディカルサービス」などの名称もあります)。

その他にもカメラや鞄などの携行品が盗難や破損した場合の「携行品損害補償」や現地で携帯電話などのレンタルした用品(レンタカーは対象外)の破損や紛失による「賠償責任補償」や航空機が欠航や遅延した場合の「航空機遅延費用補償」、突然の体調不良やケガで旅行をキャンセルすることになった場合の「キャンセル費用補償」など海外旅行をする際の様々なトラブルに対応した補償があります。

保険会社が販売している海外旅行保険には必要な補償を選択し自分で補償内容や保険金額を決められるタイプと、あらかじめ補償内容や保険金額が決まっているプランの中から選ぶタイプがあります。渡航先にもよりますが、自分が選択したプランやセットされたプランに必要な補償が備わっているか事前に確認することが大切です。

海外旅行保険におすすめの補償
補償項目補償内容
傷病、疾病治療費病気やケガで医師の治療を受けたときの費用の補償
救援者費用渡航先で死亡または病気やケガで入院し、日本から親族が現地に向かう際の交通費や滞在費の補償
携行品損害カメラや旅券などの身の回りのものに破損や盗難などで損害が生じたときの補償
個人賠償責任偶然な事故により他人の身体やモノ(レンタル品を含む)に損害を与え賠償責任を負った場合の費用の補償
航空機遅延費用飛行機が遅延したために臨時で支払った宿泊代や食事代などの費用の補償
航空機寄託手荷物遅延航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたために購入した身の回り品などの費用の補償
旅行キャンセル費用病気やケガなどで旅行に行けずキャンセルすることになった場合の取消料や違約金などの費用を補償
テロ対応費用旅行中に発生したテロなどが原因で帰国できなかった場合の宿泊代や交通費の補償

家族で海外旅行に出かける場合は、家族の補償も大切です。特に小さな子供やお年寄りがいる場合は、渡航先での病気やケガの補償など補償内容に不足がないかを確認しましょう。家族でまとめて加入できるファミリープランは、保険料の割引が適用されることが多く手頃な保険料に抑えることができます。ただし加入できる年齢に制限を設けていたり、家族全員が補償内容を統一するなど保険会社によって内容は様々なので注意が必要です。

海外旅行保険は金銭的な補償だけでなく、旅行中のトラブルの対処法などを日本語でサポートしてくれるサービスがあります。例えばパスポートを紛失した場合や病気やケガで医療機関を利用する場合、事故やトラブルで警察と対応しなければならない場合など様々な場面で利用する機会があります。365日24時間利用可能か、電話だけでなくメールでも対応可能か、現地で日本語対応できる係員がいるか、医療通訳は対応しているかなど保険会社によってサービス内容が異なるのでしっかりとしたサポート体制が整っているかを確認しましょう。

海外旅行保険の比較

補償内容海外旅行保険クレジットカード付帯の海外旅行保険キャンセル保険
傷害死亡、後遺障害×
傷病死亡××
傷病、疾病治療費×
救援者費用△※2△※1×
賠償責任△※2△※1×
携行品損害△※2△※1×
航空機遅延費用△※2△※1×
航空機寄託手荷物遅延△※2△※1×
旅行キャンセル費用△※2△※1
補償期間旅行期間のみ(最大3か月)60日間または90日間保険料領収日から旅行初日まで
本人
家族△※3△※2×

※1 商品(クレジットカード)による
※2 特約(オプション)で付加できる商品あり
※3 家族型(ファミリープラン)の場合は補償対象

海外旅行保険を各保険で備えるメリットやデメリット

保険会社が提供する海外旅行保険

    メリット

  • 疾病による死亡も補償
  • 補償内容や特約の種類が充実している
  • キャッシュレス診療に対応している商品が多い
  • 高額な補償を備えられる
  • 旅行の日程に合わせて備えられ、長期旅行にも対応
  • 日本語サポートサービスが充実
  • デメリット

  • 申し込み手続きや保険料が必要
  • 滞在期間が延びた場合は補償がなくなる
  • 年齢や健康状態などの加入条件がある

保険会社の海外旅行保険は、国内旅行保険やカード付帯の海外旅行保険では補償されない疾病による死亡も補償対象となります。カード付帯の旅行保険に比べて特約の種類が豊富で、渡航先や目的に合った補償を旅行日程に合わせて備えることができます。

保険金額は高額になる可能性のある疾病、傷病治療や損害賠償にも対応しており、1億円や無制限で補償してくれる商品があります。また現地で治療費を立て替える必要のない「キャッシュレス診療」に対応している商品が多く、急なトラブルにも日本語で対応してくれるサポートサービスが充実しているところもメリットの一つです。

カード付帯の旅行保険に比べて申込手続きや保険料が必要になりますが、早期申込割引やリピーター割引や家族割引など保険料の割引制度を活用して保険料負担を抑えることができます。

補償期間は旅行日程に合わせて加入することが多いので、滞在や帰国を延長することになった際は補償がなくなってしまうので注意が必要です。また保険に加入する際に年齢制限が設けられている商品や、持病がある方や妊娠中の方の加入や補償を制限している保険会社もあるので補償内容だけでなく加入条件も確認することが大切です。

クレジットカードに付帯の海外旅行保険

    メリット

  • 保険加入の手間や保険料が不要
  • 複数のクレジットカードで死亡、後遺障害以外の補償限度額は合算が可能
  • 家族カードがあれば保険料の追加がなくても補償
  • 滞在期間が延びても保険を延長する必要がない
  • デメリット

  • 疾病による死亡の補償がない
  • 補償範囲が狭く、補償限度額が低い
  • 90日以上の長期旅行には対応していない
  • 利用付帯の場合は旅行代金などをカード決済しておく必要がある

クレジットカードの海外旅行保険は、加入する手間や保険料を支払う必要がなく自動的に補償が備えられています。保険会社の商品と比べると疾病による死亡補償がないなど補償内容や保険金額は限られていますが、国際ブランドの異なる複数のクレジットカードを保有していると傷害による死亡、後遺障害以外の補償を合算することができます。補償額が低い「傷病、疾病治療費」や「賠償責任」や「携行品損害」なども合算できるので、補償内容や保険金額に不足を感じる場合は複数のクレジットカードを保有することで充実した補償を備えることができます。なお傷害死亡、後遺障害は、保有している複数のカードの中で一番高額の保険金額が適用されます。

クレジットカードの海外旅行保険は、カードのランクによって補償内容や保険金額が異なります。カードのランクが高いほうが補償範囲が広く、会員カードを保有しているだけで会員と同様に家族の補償が付いているものもあります。また一般的に家族カードがあれば同様の補償を受けることができますが、家族カードは18歳以上など年齢制限があります。18歳未満の家族の補償については、家族特約のあるカードを保有しておくと安心です。

補償期間は旅行期間に合わせるのではなく、渡航日から90日間(もしくは60日間)と定められています。90日以上の長期の旅行や留学などには向いていませんが、保険会社の商品のように滞在期間が延びてもすぐに補償がなくなるわけではなく延長手続きなど必要ありません。

カード会社の異なる複数のクレジットカードを活用することで海外旅行でのトラブルやリスクに備えることができますが、「利用付帯」のカードの場合は注意が必要です。クレジットカードにはカードを保有しているだけで補償が付いている「自動付帯」と旅行に関する宿泊代金や交通費などをカード決済にすると補償が付く「利用付帯」があります。利用付帯であれば事前にツアー代金や宿泊代金をカード決済にしておかないと補償はなく、利用付帯のカードを複数持っていても旅行に関する支払いをカードで行わなければ補償の合算ができません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険だけでは補償内容や保険金額に不安を感じる場合は、不足する補償だけを保険会社の商品で補うこともできます。海外旅行を楽しい思い出にするためにも、旅行中の事故やトラブルにしっかり備えておくことが大切です。

参考URL:損保ジャパン日本興亜『新・海外旅行保険【off!(オフ)】

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加