保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険の選び方見直しポイント > 生命保険の選び方 > がん保険の選び方

がん保険の選び方

  • 診断給付金と通院保障の給付回数をチェックする
  • 主契約の保障内容が保険会社によって異なるので、必要に応じて特約でカバーする
  • 医療保険にがん特約を付ける場合は入院給付の制限を受けるなどの注意点も

がん保険の選び方

がん保険は「ガン」と限定して保障される医療保険で、がんと診断された時や治療のために手術・入院した時に給付金が受け取れます。

医療保険と同様に多くの種類が存在し、まとまったお金を一時金として受け取れるタイプや保障対象となる治療を受けた時にその都度給付金を受け取れるタイプ、また治療で必要となった医療費実額を補償する実損補填タイプなど保険会社によって取り扱いも様々です。

がん検診

そのため比較がしにくい保険商品ですが、保険料を比べるのではなくガンになった時の保障・給付金の支払い条件などに着目し、自分が必要とする保障が備わっているがん保険を選ぶことが大切です。

がんは早期発見し治療を行えば移転や再発がなく治る可能性の高い病気ですが、罹患時の年齢や進行具合によっては長期の治療や先進医療が必要となる場合があります。がんになっても経済的な面で治療を断念することなく、前向きに生きていけるような「がん保険」を備えておくと安心です。

がん保険を選ぶポイント

ガンになった時の精神的ダメージと経済的ダメージを少しでも緩和し、治療に専念できるような保障や特約に重点をおいて選ぶことが大切です。

    主なチェックポイント

  • 診断給付金の支払い回数と条件
  • 上皮内新生物の取扱い
  • 必要な特約の有無
  • 通院保障の充実度
診断給付金のチェックポイント
保険会社A保険会社B
給付条件がん確定診断時がん確定診断後、治療を開始した時
給付金の支払い回数無制限(2年に1回の条件付)1回限り(初回のみ)
上皮内新生物の給付条件悪性新生物と同額悪性新生物の1/10の金額

診断給付金はがんと診断されたときに入院日数に関わらず受け取れる一時金で、がん保険の中で最も重要な保障です。(保険会社によっては、確定診断後に入院することを条件としている場合もあります)

一般的にがん保険には診断給付金が主契約の保障となっているものが多いですが、診断給付金が主契約にはなく特約として付加するタイプもあります。がんと診断されて精神的なダメージを受けている時に一時金として50万円・100万円・200万円などまとまった金額が受け取れるので、特約の場合でも優先的に付加したい保障です。

保険期間中に受け取れる診断給付金は「1回限り」と「回数無制限」のものがあり、保障内容も保険会社によって様々です。複数回無制限に受け取れるタイプは「前回の給付金受取から2年以上経過していること」を条件に定められているのが一般的ですが、2回目以降は治療を目的とする入院を伴うことを条件と定められているものもあります。この場合、確定診断されても通院治療の場合は保障対象外となり給付金は受け取れません。

一方「2年以内であっても治療していれば、新たな別のガンが診断確定されても支払う」としている保険会社もあります。
保障内容としては進行性のがんは移転や再発の可能性があるので、診断給付金を無制限に受け取れ2回目以降も給付条件がないタイプがおすすめです。

「上皮内新生物の取り扱い」

上皮内新生物とは、「上皮内がん」「上皮内腫瘍」とも呼ばれ、腫瘍が上皮内にとどまっており基底膜以降の組織に浸潤していない状態のがんのことです。上皮内新生物は治療を行えば移転や再発の可能性がないので、「悪性新生物(悪性腫瘍)」と給付条件を区別している保険会社があります。

上皮内新生物

例えば「上皮内新生物」と診断確定された時は、「悪性新生物」と診断された時の1/10の金額を給付と条件にしていたり「上皮内新生物は給付対象外」と約款上で定めている保険会社もあります。特に「乳がん」や「子宮頸がん」などの女性特有の病気は上皮内新生物と診断される割合が高いので、上皮内新生物も同等に保障してくれるタイプの商品を選ぶと良いでしょう。

がんの診断給付金は、保険会社によって「支払い回数」や「支払い条件」は異なります。この条件の違いによっても1回あたりの支払い保険料や給付金の受取総額が変わるので、どちらを優先するかしっかりと考えて選ぶことが大切です。

「通院保障のチェックポイント」

従来のがんの治療は手術後も経過観察のため入院して治療を行うことが一般的でしたが、最近では医療技術の進歩により内視鏡手術などが増えて長期間の入院は必要なくなってきています。したがってがん保険では入院給付金より通院給付金の方が優先すべき保障となっていますが、通院特約の保障は以下の内容を確認する必要があります。

    ポイント

  • 給付金の支払い条件
  • 支払い日数条件
  • 治療内容による条件

通院特約の保障内容は「がん治療のため入院し退院後の通院」や「退院後1年以内の通院」「所定の治療(放射線・抗がん剤)のための通院」と保障を限定している場合があり、保険会社によって保障内容が異なります。特に入院条件のある通院特約は入院しなければ通院給付金が受け取れないので、最近の入院を伴わなずに行う治療には適していません。

またガンの治療には5年~7年と長期に渡って放射線治療や抗がん剤治療が必要となる場合もあり、通院日数が「60日」や「退院後1年以内」と限定されているものは、通院保障としては通院日数が不足しています。

さらに治療内容に条件を定めている通院特約にも注意が必要です。がんの治療は主に「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」ですが、がんの治療であっても抗がん剤治療で飲み薬の「経口投与」や乳がんの治療でよく行われるホルモン治療は給付対象外としている保険会社もあります。

したがって通院特約を付ける場合、「がんの治療のための入院前の通院も保障され、支払い日数が無制限で治療内容に制限が無いもの」を選ぶことをおすすめします。通院保障に給付条件が色々付いていると役に立たない場合もあるので、その場合は抗がん剤治療を月に1度でも受ければ数十万円の給付金が受け取れる特定治療特約を付加することを優先すると良いでしょう。

がん保険におすすめの特約

保険には標準で付いている保障の「主契約」と必要であれば付ける保障の「特約」があり、がん保険では保険会社によって主契約となる保障内容が異なります。主契約の保障内容が充実していれば特約を付ける必要はありませんが、保険料が安いがん保険は主契約の保障がシンプルになっているので特約を付けて保障を厚くすることも検討してみましょう。ただし特約を付加しすぎると、主契約が充実しているがん保険より保険料が高くなるので注意が必要です。

がん保険におすすめの特約
特約の種類保障内容
診断一時金特約がんと診断確定されたときに一時金が受け取れる
通院特約がんの治療のために通院した時に日額で給付金が受け取れる
特定治療特約がんの治療のために特定治療を受けた時に給付金が受け取れる
先進医療特約がんの治療のため所定の先進医療を受け、負担した費用と同額を給付金で受け取れる
保険料払込免除特約がんと診断確定された時に以後の保険料が免除となる

「特定治療特約」

特定治療特約は抗がん剤治療や放射線治療を受けた時に負担した費用を給付金として受け取れる特約で、がん保険では診断一時金の次に重要な保障です。(抗がん剤治療特約や放射線治療特約など治療方法を限定されている場合もあります)

最近では医療技術の進歩により、がんの治療は放射線治療や抗がん剤治療も通院で行うことが主流となっています。再発・移転を防ぐための治療として有効的ですが、長期的な放射線・抗がん剤治療が必要となる場合は治療費が高額になる可能性があります。

特定治療特約は複数回の治療を受けても月単位で10万円など一定額しか受け取ることが出来ませんが、十分な貯蓄がない場合は備えておくことをおすすめします。ただし医療保険の手術保障に抗がん剤治療や放射線治療が手術給付金の対象となっていたり、がん保険でも通院保障が充実している場合は必要性が低いので、保障内容を確認することが大切です。

「先進医療特約」

先進医療とは厚生労働大臣が定める高度な最先端の医療技術でガンの治療に大きな効果をもたらしていますが、先進医療にかかる費用は全額自己負担となります。

先進医療が実施可能な医療機関は限られていますが、中でも年間1200件以上実施されている重粒子線治療の技術料は約300万円、年間2100件以上実施されている陽子線治療の技術料は約260万円と費用は高額なため、治療を受けるための余裕資金がなければ躊躇してしまう金額です。

ガン保険に先進医療特約を付加していると、月々100円程度の保険料負担で数百万円の先進医療を受けることが出来ます。給付の範囲は先進医療の技術料でかかった費用のみを補償するものや、一定額を保障されるものなど保険会社によって異なります。

「保険料払込免除特約」

保険料払込免除特約は、がんと診断確定された時に以降の保険料の払込みが免除される特約です。

診断確定のがんを悪性新生物と限定し、非浸潤性の悪性新生物や上皮内新生物・上皮内がんであれば対象外としている保険会社が一般的ですが、悪性新生物と限定せず上皮内新生物も対象としている保険会社もあります。

この特約を付けていればガンと診断されて働けなくなって収入が減少しても、保障は継続されたままで以降の保険料の払込みは不要となるので経済的にも安心です。

20代のがん保険の必要性

20代でがんになる確率は1,000人に1人なので、医療保険の方が必要性が高いと考えて加入する方が多く、まだ若いうちはがん保険は必要ないと考えている人が多いようです。しかし、女性の場合は乳がんや・子宮がん・卵巣がんなど女性特有のがんを罹患するのは20代後半から増加していきます。例えば乳がんになった場合、進行具合にもよりますが先進医療で治療を行えば乳房全摘を免れる可能性があります。先進医療の技術料は高いもので数百万円必要で、全額自己負担となるので女性の場合は20代からがん保障を備えておくと安心です。

がん保険は医療保険と同じように年齢が上がるにつれて保険料が高くなるうえ、一度がんを発症すると加入できなくなります。またがん保険は20代で加入しておくと保険料を千円未満に抑えることもでき、医療保険にがん特約として付加することでがん保障を備えることも出来ます。

ただし医療保険にがん特約を付加した場合は、がんで入院した場合でも入院給付の日数制限がつくので注意しておきましょう。またがんの治療で先進医療を受けると全額自己負担となり、治療費が高額になると医療保険だけでは治療にかかる費用を補うことができなくなるので注意が必要です。

参考URL:厚生労働省『先進医療の実績報告について

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加