保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険の選び方見直しポイント > 生命保険の選び方 > 女性保険の選び方

女性保険の選び方

  • 女性特有の病気の保障範囲や入院給付金の上乗せ額をチェック
  • 乳房再建など必要な特約をつける
  • 30代後半から罹患率上昇に備えておく

女性保険の選び方

女性保険は、女性特有の病気に対して手厚い保障がある医療保険の一つです。一般的な医療保険ではケガや病気で入院・手術した際に入院給付金や手術給付金を受け取れますが、女性保険は保障対象の女性疾病で入院すると通常の医療保険の入院給付金の1.5~2倍の額を受け取れる仕組みです。

女性保険には「女性向け医療保険」や「女性向けがん保険」などがありますが、女性特有のがんや病気のみを保障しているものや通常の医療保障・がん保障と女性疾病保障がセットになった商品、死亡保障が付いている商品など種類が豊富で取り扱っている保険会社も多数あります。

おしゃべりする女性

保障内容や給付金の支払い条件・基本保障の組み合わせが保険会社によって異なりますが、各社工夫を凝らした商品が多く女性にとってメリットがたくさん詰まった保険商品です。

女性は若い時から高齢期に至るまで様々な身体の変化があり、女性特有の病気に対するリスクも年齢と共に高くなっていきます。女性保険は将来起こりうるリスクを少しでも軽減するために女性のために作られた医療保険なので、基本的な入院給付金の日額や支払い限度日数などは「医療保険の選び方」と同じですが、女性特有の疾病の保障範囲や給付金の上乗せ額などが比較ポイントとなります。

女性保険を選ぶ際は保障に優先順位を付け、保障内容を比較して保険料とバランスをみながら選ぶようにしましょう。

女性保険を選ぶポイント

    主なチェックポイント

  • 女性特有の病気で入院した時の給付金の上乗せ額
  • 女性特有の病気の保障範囲
  • 女性保険ならではの給付金や特約の有無

女性保険で共通する保障が「入院給付金の上乗せ」で、女性特有の病気で入院をした場合に通常の日額保障に5,000円~10,000円上乗せした金額を受け取れるようになっているのが一般的です。

上乗せされた給付金は差額ベット代や個室の利用代などの医療費の自己負担分の支払いに利用したり、小さいお子様がいる方であればベビーシッター雇用費用に充てることが出来ます。

また女性特有の病気が原因で手術した場合や男女問わず罹患する可能性があるがんの入院でも給付金の上乗せがある保険商品があり、保険会社によって給付金の上乗せ対象は異なります。

また女性特有の病気の保障範囲は保険会社によって様々で、卵巣や子宮など女性特有の部位に発症する病気やがんのみを手厚く保障している商品があれば、鉄欠乏症貧血や関節リウマチなど女性がなりやすい病気も給付金の上乗せの対象範囲としている商品もあります。

女性保険だけで病気やがんのリスクに備えるのであれば、さまざまな病気を幅広く保障している商品を選びましょう。一方、医療保険に加入済みの方で女性疾病のみに保障を手厚くしたい方には、女性疾病に限定した保障内容の商品を選ぶのがおすすめです。

生命保険や医療保険と同じように保障範囲が広いほど安心感がありますが、その分保険料が高くなります。まずは女性特有の病気に限定した保障内容のもので保険料を抑えるか幅広い保障範囲のものを選ぶのかを考え、現在の健康状態や妊娠・出産などの生活設計を踏まえて、自分が本当に必要としている保障が備わっているかを確認すること大切です。

「女性保険ならではの給付金や特約」

給付金・特約 概要
乳房再建給付金 乳がんの治療の為に乳房切除術を受け、乳房再建術を受けたときに支払われる一時金
女性特定治療特約
(女性特定疾病給付金)
がんの治療の為に乳房切除術(乳腺腫瘍摘出術を含む)・子宮全摘出術・卵巣全摘手術を受けた時に支払われる給付金
配偶者死亡保険料
払込免除特約
被保険者の配偶者が死亡または高度障害状態となった時は、以後の保険料(プレミアニーズ特約)払込が免除となる

女性が罹患するがんの中では乳がんが圧倒的に高く、20代後半から上昇し40代後半から50代前半にピークを迎えます。乳がんの治療には手術(外科療法)・放射線療法・薬物療法などがありますが、がんの再発防止と乳房再建手術の技術向上により最近では乳房を全摘して再建を望まれる方が多くなっています。

「乳房再建給付金」は、乳がんの治療で乳房を切除し乳房再建術を受けた場合に1回50万円~100万円が支給されます。乳がんになった時の入院保障だけでなく乳房切除後の再建手術を保障してくれるのは、女性保険ならではの保障です。

また配偶者死亡保険料払込免除特約は「プレミアニーズ特約」とも呼ばれ、被保険者の配偶者が死亡または高度障害状態となった時に以後の保険料が免除になる特約です。専業主婦の方や子供の教育費がかかる家庭の方にとっては心強い特約です。

女性保険の中には乳房再建給付金や女性特定疾病給付金が、基本保障に組み込まれている商品があります。乳がんになった時に乳房再建を強く望まれる方や、婦人科系の病気に対して不安を感じている方におすすめです。また通常の医療保険では保障されない顔面の皮膚移植手術や外反母趾の治療など、女性ならではの保障や特約があるのも女性保険の特徴の一つです。

年齢別女性保険の選び方

「20代~30代」

20代~30代は妊娠・出産をする女性の方が多く、ライフスタイルや身体に大きな変化が訪れる時期です。今まで大きな手術や入院をしたことのない健康な方でも、妊娠・出産時には様々なリスクが生じる可能性があります。

女性保険に加入していると、切迫流産・切迫早産・子宮外妊娠・妊娠高血圧症候群などで妊娠時に入院が必要になった時や出産時の帝王切開も給付金の支払い対象となります。一般的な医療保険・女性保険は自然分娩は保障範囲には含まれませんが、一部の女性保険では自然分娩・帝王切開に関わらず出産の回数に応じて給付金が支払われる商品があります。また医療保険・女性保険では妊娠周期によって保険の加入を断られたり、加入できても1年間は特定部位の不担保の条件付きとなる場合があります。

若い年代であれば安い保険料で加入することができ終身型の女性保険でもあまり大きな保険料負担にはならないので、将来子供を授かりたいと思っている女性の方であれば妊娠前に加入しておく事がベストです。

「30代後半~40代」

30代後半はバリバリ働いている方や子育て真っ最中の方も多く、まだまだ健康面への不安が少ない時期です。しかし30代後半は、乳がんの罹患率や子宮頸がんや子宮筋腫などの女性特有の疾病になる確率が上昇します。

がん保険は、加入してから3か月以内に発症したがんは保障対象外となる「免責期間」が設けられています。例えば乳房のしこりが気になってから保険に加入した場合、加入してから3か月以内のがんの確定診断・入院であれば給付金は支払われません。また健康診断で要再検査・要治療の結果が出ると、保障の条件付きで加入することになり満足のいく保障を備えることが出来ません。したがって身体の不調や健康診断で要再検査・要治療となる前の健康なうちに女性保険に加入しておく事が大切です。

加入当初は出来るだけ保険料を安く抑え10年・15年と一定期間保障を厚くし定期的に保障の見直しをしたい方は定期型を、一生涯の保障をつけ将来に備えたい方は終身型を選ぶと良いでしょう。20代の頃に医療保険に加入している方であれば、女性疾病に対して不足する保障はないかを確認し女性特約を付加したり女性疾病や女性特有のがんに限定した女性保険への加入をおすすめします。

「40代~50代」

多くの方が既に医療保険や女性保険に加入しており、将来のがんや病気・ケガのリスクに備えていると思われます。一方で次々と新しい保障内容の商品が発売され、保障範囲や給付金の支払い条件なども変化しています。

特に今まで保障されなかった女性疾病の保障範囲が広くなっていたり、医療技術の進歩により先進医療保障の範囲が拡大されていたりと基本保障の内容や給付金の支払い条件が良くなっていることが多いです。

40代・50代になると婦人科系の病気での入院・手術が増える時期です。すでに加入しているからもう安心ではなく、不要な特約・不足する保障はないかを定期的に見直す必要があります。

例えば今後妊娠・出産する予定がない場合は、出産の回数に応じて給付金の出る女性保険から一般的な医療保険や女性特有のがんや病気の保障に手厚い女性保険に乗り換え保険料を抑える事が出来ます。また定期型の女性保険に加入していた場合は、今後益々高まる女性疾病のリスクに備えて終身型に見直すことも必要です。

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加