保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険ランキング > 医療保険 > チューリッヒ生命終身医療保険「プレミアムDX(Lady)

チューリッヒ生命終身医療保険「プレミアムDX(Lady)

  • 基本の医療保障にさまざまな特約を付け加えるタイプ医療保険
  • 払込期間を10年に設定することで保険料を抑えることができる
  • ストレス性疾病に対応しておりうつ病で長期間働けなくなった場合の所得補償も

チューリッヒ生命終身医療保険「プレミアムDX(Lady)」とは

プレミアムDXは病気やケガでの入院・手術の保障を主契約とし、7大疾病や先進医療などの保障を特約で付加し自由に組み合わせるタイプの終身医療保険です。主契約の給付金は入院給付金、手術給付金、放射線治療給付金で、入院給付金は日帰り入院などの短期入院にも対応しています。

医療保険のイメージ

特約の保障は約10種類あり3大疾病、7大疾病、先進医療などの一般的な保障から、他の保険商品ではあまりみられない精神疾患を含むストレス性疾病での入院保障や所定の病気やケガで働けなくなったときの生活保障などもあり種類が豊富です。

    ポイント

  • 自分に必要な保障を自由に組み合すことができる
  • 短期入院からストレス性疾病や7大疾病による長期入院にも対応できる
  • 女性疾病による手厚い入院保障も備えることができる

プレミアムDX Ladyは女性向けの保険で、乳がん、子宮がん、卵巣機能障害などの女性特有の病気や帝王切開や吸引分娩など異常分娩による入院保障を手厚くしています。保険の仕組みは終身医療保険のプレミアムDXが基本となっていますが、女性特有の病気のほか胃がんや糖尿病などの特定の病気に対しても入院給付金が上乗せされるため、女性にとっては充実した保障内容になっています。

プレミアムDX(Lady)は保障の自由設計ができる医療保険なので無駄のない保険商品にすることができ、様々な保障を組合すことで多くの保障をこの保険一つで備えることができます。ただし特約を追加しすぎると保険料が家計を圧迫してしまう可能性があるので、保険料とのバランスに注意しながら保障を組み合わせることが大切です。

「プレミアムDX(Lady)」の保障内容と保険料

項目概要
保険期間終身
(ストレス性疾病保障付就業不能保障特約:55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了、75歳満了から選択)
保険料払込期間10年、55歳払済、60歳払済、65歳払済、70歳払済、75歳払済、終身払い(ストレス性疾病保障付就業不能保障特約は終身払の取扱なし)
契約可能年齢・満6歳~満75歳まで
(ストレス性疾病保障付就業不能保障特約は満20歳~満65歳)
・インターネット申込みの場合:満20歳から
加入条件・郵送、インターネット申込の場合:入院給付30日、60日型から選択
・プレミアムDX Lady:女性のみ
基本保障・入院保障
・手術保障
・放射線治療保障
特約保障・先進医療特約
・7大疾病延長入院特約
・ストレス性疾病延長入院特約
・退院後通院特約
・3大疾病診断給付金特約
・3大疾病保険料払込免除特約
・入院一時金特約
・ストレス性疾病保障付就業不能保障特約
給付金の種類
(主契約)
・入院給付金
・手術給付金
・放射線治療給付金
支払事由
(主契約)
・病気(ガンを含む)、ケガで入院したとき
・・病気、ケガで所定の手術を受けたとき
・所定の骨髄移植術を受けたとき
・病気、ケガで所定の放射線治療を受けたとき
保険料の払込免除・所定の身体障害の状態に該当したとき
・所定の高度障害状態に該当したとき
契約年齢25歳30歳35歳40歳
プランA
(特約なし)
男性785円840円975円1,150円
女性850円890円945円1,100円
プランB
(特約あり)
男性2,312円2,607円3,072円3,692円
女性2,547円2,827円3,177円3,742円
プラン例保障、特約など
保険プランA入院給付日額:5,000円
入院給付日数:30日型
保険料払込期間:終身払い
特約:なし
保険プランB入院給付日額:5,000円
入院給付日数:30日型
保険料払込期間:終身払い
特約:先進医療特約、7大疾病延長入院特約、ストレス性疾病延長入院+保障付就業不能保障特約

「プレミアムDX(Lady)」のメリット・デメリット

    メリット

  • 一生涯の医療保障
  • 最短10年の保険料払込期間を選択可能
  • 特約の付加は自由なのでニーズに合った保障プランにできる
  • 短期入院だけでなく長期入院への備えも充実している
  • 3大疾病診断給付金特約は上皮内新生物も保障
  • ストレス性疾病による入院に手厚い保障が備えられる
  • 就業不能状態になったときの保障も備えられる
  • 契約者特約として無料の健康相談サービスを利用できる

この保険は終身医療保険なので、病気やケガによる入院、手術の基本保障は加入時から保険料が値上がりすることなく一生涯続きます。また特約保障はストレス性疾病保障付就業不能保障特約を除き、主契約と同様に一生涯保障が続くので安心です。保険料払込期間は10年、終身払、55歳払済から75歳払済まで5歳刻みで選択することができます。最短10年の払込期間を選択すると1回あたりの支払い保険料額は高くなりますが、保険料払込総額を抑えることができます。

主契約の入院保障は日帰り入院も保障対象となっており、医療技術の発展に伴い入院が短期化している現代に適した保障内容となっています。また手術保障は入院中の手術だけでなく外来手術も保障対象で、手術の回数は無制限に保障されます。さらに病気やケガの治療を目的とした所定の放射線治療を受けたときの放射線治療給付金も、主契約の保障内容に組み込まれています。独身の方や若い世代の方で、保険料を抑えシンプルな医療保障を備えたい方には主契約のみのプランがおすすめです。

入院・手術の保障以外にも7大疾病や退院後の通院・先進医療などの保障を備えたい方は、特約を付加することで保障を厚くすることができます。
特約には、がん(悪性新生物、上皮内新生物)、心疾患、脳血管疾患などの3大疾病に加え、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患などの7大疾病を支払限度日数無制限に保障してくれる7大疾病延長入院特約があります。3大疾病診断給付金特約ではがんの診断条件として悪性新生物のみに限定している保険商品が一般的ですが、この保険は上皮内新生物もその他の3大疾病診断金と同額で保障されます。

またこの保険は他の医療保険とは違い、ストレス性の病気での入院に手厚い特約「ストレス性疾病延長入院特約」を付加することができます。ストレス性疾病が原因で入院した際は、入院給付金の支払い限度日数が365日まで延長される特約です。保障対象となるストレス性疾病には統合失調症や気分(感情)障害、神経症性障害、ストレス関連障害のほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、敏感性腸症候群、摂食障害、非器質性睡眠障害、更年期障害などが含まれます。

ストレス性疾病は若い世代の方や40代、50代の働き盛りの方など、幅広い年代で起こりうる疾病です。ストレス性疾病での入院は他の入院よりも長期化する傾向が強いので、現代社会に対応した有効性の高い特約です。

また病気やケガで働けなくなった時の収入減をカバーしてくれる特約「就業不能年金特約」を付加することもできます。保険会社所定の病気やケガで就業不能状態が一定期間続いたときに、給付金を年金形式で受け取れる特約です。保障対象にはストレス性疾病も含まれるので、うつ病などで入院し働けない状態が続いても毎月一定額の給付金を受け取れるので生活費などに充てることができます。

    就業不能年金の支払事由

  • がん(悪性新生物)や急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全で就業不能状態が60日を超えて継続したとき
  • 高度障害状態もしくは不慮の事故で身体障害状態になったとき
  • 所定のストレス性疾病による入院が60日を超えて継続したとき

チューリッヒ生命に加入すると、契約者や被保険者とその家族がさまざまなサービスを利用することができます。例えば介護サービスの入会金無料や国内ホテルの宿泊料割引などの優待サービスを利用できます。またガン専用メンタルケアサービスや、健康、介護相談サービスなどを利用すると健康や病気に関する悩みを医療の専門家に相談することができます。さらにメンタルヘルスの早期発見、治療にむけて、臨床心理士が親身になってカウンセリングしてくれるメンタルヘルスサービスを利用することができます。

    デメリット

  • 3大疾病診断給付金特約の2回目以降の一時金の受取条件がやや厳しい

3大疾病診断給付金特約は、三大疾病による医師の診断もしくは入院が開始された場合に診断給付金を受け取れる特約です。1回目の支払事由は、初めてがんと診断確定されたときや急性心筋梗塞、脳卒中の治療のために入院を開始したときとなっています。

がんは「悪性新生物」だけでなく「上皮内新生物」も保障対象となっている点や、急性心筋梗塞、脳卒中は「入院を開始したとき」となっている点は他の保険商品に比べると給付金を受け取りやすい条件となっています。ただし2回目以降は、1回目の診断給付金の支払い事由に該当した日から2年を経過した日の翌日以降に3大疾病の治療を直接の目的として「入院したとき」となっています。2回目以降は確定診断ではなく、入院することが給付金の支払い条件になっている点に注意が必要です。

この保険は主契約に必要な保障を特約として付加し保障を厚くする仕組みなので、特約をつけた分だけ1回あたりの支払い保険料は高くなります。主契約の保障のみであれば35歳男性でも1,000円未満の保険料で抑えることができますが、特約は追加保険料がいるため充実した保障を備えていくと3倍近い保険料になることがあります。ただし就業不能年金特約以外は主契約と同様に一生涯の保障なので、保険期間途中で更新を迎え保険料が値上がりすることなく保障が続くので安心です。

特約は種類も豊富で上皮内新生物などの初期のがんから7大疾病やストレス性疾病・就業不能状態になったときの保障まで備えることができるので、1つの保険で充実した保障内容にすることができます。

保障と保険料のバランスで悩んだときは、保険のプロであるFPがいる無料の保険相談サービスを利用しましょう。将来のプラン設計から必要な保障まで、様々な観点から適確なアドバイスをしてもらえます。ほかの医療保険と比較もでき納得したプランを選択できる上、キャンペーンを実施している保険相談もあるのでお得なギフトももらうことができます。

参考URL:チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加