保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険ランキング > 総合保障保険 > 楽天生命「スーパー2000」

楽天生命「スーパー2000」

  • 死亡保障、入院手術、ガン診断などさまざまな保障がセットになっている
  • 何もなかった場合は健康祝い金として返ってくる
  • 告知内容も比較的少なく手軽に加入しやすい

2015年11月30日に楽天グループの楽天生命が、ガン・医療・死亡・高度障害など様々な保障をワンパッケージにした総合保障保険「スーパー2000」を発売しました。声の出演で川平慈英さんが起用されインパクトを与えるテレビCMとして話題となっています。

保険内容は、病気や不慮の事故での入院保障・ガン保障・死亡・高度障害保障に対して年齢・性別に関わらず月々の保険料は2,000円。保険期間は1年の自動更新(最長64歳まで)で、1年間入院しなければ健康祝い金が受け取れるというシンプルで分かりやすい内容となっています。

1年ごとに更新で月々の保険料が2,000円なので、本格的な生命保険・医療保険を検討する前のとりあえずの保障確保として、また定期保険の保障の上乗せなど様々な用途に利用することが出来ます。

    「スーパー2000」のポイント

  • 入院・ガン・死亡・高度障害保障がある総合保障保険
  • 保険料は一律2,000円で保険料の値上がりは無い
  • 加入対象は男女問わず20歳から59歳の健康な方
  • 保険期間は1年で64歳まで自動更新可能
  • 1年間入院しなければ毎年「健康祝い金」を受け取れる
  • インターネットでの申込限定

楽天生命「スーパー2000」は契約・更新年齢によって保険金や給付金の額は異なりますが、保険料は全年齢・男女ともに月額/1口2,000円(一人最大2口まで)でガン・医療・死亡保障を備えた総合保障保険です。保険期間は1年の自動更新ですが、更新の度に保険料が値上がりすることは無く64歳まで自動更新(保障は満65歳に到達する直後に到来する年単位の契約応当日の前日まで)することが出来ます。

さらに保険に加入してから1年間で疾病入院給付金や災害入院給付金を一度も受け取ることなく生存している場合は、健康祝い金が支給されます。例えば20歳から39歳の男性で6,000円、女性で5,000円の健康祝い金を受け取れ、前述の条件を満たせば1年ごとに健康祝い金を受け取ることが出来ます。

ただし健康祝い金は年齢が上がると減額していき、男性では40歳から49歳は3,500円、50歳以降は入院することが無く健康であっても健康祝い金の支給はありません。一方女性では40歳から49歳が4,000円、50歳から54歳が3,000円、55歳から64歳まで2,500円の健康祝い金を受け取ることが出来ます。

楽天生命では対面販売も行っていますが「楽天生命スーパー2000」はインターネット申し込み専用の保険商品であり、郵送申し込みや対面申し込みは出来ません。しかしスマートフォンやタブレットから24時間いつでもアクセスすることができ、告知が必要な項目も一般的な生命保険・医療保険と比べると少なくなっています。

また申込時には楽天会員(無料登録)になる必要がありますが、保険料をクレジットカード払いにしてポイントを貯めたり、健康祝い金を楽天スーパーポイントで受け取ることが出来ます。尚、健康祝い金を楽天スーパーポイントで受け取りたい場合は申込時に「直接支払いサービス」を選択する必要があり、このサービスを利用して受け取ったポイントの有効期限は6か月となっています。

「楽天生命スーパー2000」の保障内容と保険料

項目概要
保険期間1年(65歳まで自動更新)
契約年齢20歳から59歳
(契約年齢は契約日における満年齢、更新年齢は更新日における満年齢)
保険料払込期間保険期間と同一
加入条件・健康状態の悪い方や危険度の高い職業の方は加入できないことがある
・インターネット申込限定(申し込みには楽天会員になる必要がある)
保険金
給付金の種類
・死亡高度障害保険金
・災害死亡高度障害保険金
・疾病入院給付金
・災害入院給付金
・災害通院給付金
・ガン治療給付金
・健康祝い金(無入院給付金)
支払事由・死亡高度障害状態に該当したしたとき
・不慮の事故により事故の日から180日以内に死亡高度障害状態に該当するするか、感染症で死亡・高度障害状態に該当したとき
・病気で入院したとき
・不慮の事故により事故の日から180日以内に入院したとき
・ケガで入院し、退院日の翌日から120日以内の期間に通院したとき
・ガン(悪性新生物)治療のために入院したとき
・契約日または更新日から1年間、入院をしなかったとき
給付金の支払い回数・疾病入院給付金、災害入院給付金(日帰り~60日まで/日額)
・災害通院給付金(30日分まで/日額)
・ガン治療給付金(免責期間や支払回数の通算制限なし/1年に1回のみ)
・健康祝い金(1年に1回のみ)
・死亡保険金、高度障害保険金(1回のみ)
・災害死亡保険金、災害高度障害保険金(1回のみ)
保険料一律2,000円

楽天生命スーパー2000と都民共済の比較

保険種類楽天生命スーパー2000都民共済(総合保障2型)
保障対象死亡保障・入院保障・ガン保障
ケガによる通院保障
死亡・重度障害保障・事故による後遺障害保障
入院保障・事故による通院保障
更新と保険料
(掛け金)
更新あり
月々2,000円
更新あり
月々2,000円
加入年齢20歳~59歳18歳~64歳
保険期間1年
(64歳まで自動更新)
1年(65歳以降は同額掛金の熟年型で自動更新となり85歳まで保障)
支払事由・死亡高度障害状態に該当したとき
・病気で入院したとき(日帰り~60日まで)
・不慮の事故で入院したとき(日帰り~60日まで)
・ケガで入院し退院後120日以内の期間に通院したとき(30日分まで)
・ガン(悪性新生物)で入院したとき
・1年間入院をしなかったとき
・死亡重度障害状態に該当したとき
・病気で入院したとき(1日目から124日目まで)
・事故で入院したとき(1日目から184日目まで)
・事故で通院したとき(14日以上90日まで)
・後遺障害状態に該当したとき

       

スーパー2000と月々の支払い保険料が同じ都民共済(総合保障2型)を比べると、保障内容と保険金・給付金額に違いがみられました。スーパー2000ではガン保障がセットで付加されているのに対し、都民共済では基本プランにはガン保障は無く特約で付加する必要があります。

一方、都民共済には交通事故や不慮の事故での後遺障害保障がついています。また都民共済では決算後剰余金が生じたときは割戻金があるものの、スーパー2000のような健康祝い金はありません。

さらにスーパー2000では保障額が5段階の年齢層に分けられており、年齢が高くなるにつれ保険金・給付金額が減少もしくは保障対象外となっていく特徴があります。一方、都民共済では2段階の年齢層となっており16歳~60歳まで同じ保障額となっており、60歳~65歳でも入院・通院保障額は変わりません。

例えば、楽天生命スーパー2000では不慮の事故によるもの以外の死亡保障が20歳~39歳まで100万円、55歳~59歳では30万円と減額するのに対し、都民共済では18歳~60歳まで400万円から1,000万円の死亡保障があります。また入院給付金はスーパー2000が日額6,000円(20歳~49歳)に対し、都民共済が事故で日額5,000円、病気で日額4,500円(18歳~60歳)保障されます。しかしスーパー2000では保障日数が短く、年齢が55歳以上になると保障額が半額以下になる点には注意が必要です。

このようにスーパー2000は、年齢性別に関係なく月々2,000円という比較的安い保険料で入院・通院・ガン・死亡・高度障害など様々なリスクに対しての保障があり健康祝い金が出る点がメリットです。

一方、年齢が上がるにつれて保障額が減少していき50歳以上の男性では健康祝い金が支給されない点などの特徴もあります。独身の方や健康に自信のあり大きな死亡保障は必要ないとお考えの女性の方(健康祝い金は女性は64歳まで支給)に向いている保険です。

無料で利用できる保険相談サービスでは、楽天生命スーパー2000をはじめテレビCMなどで話題の保険商品についてFP(ファイナンシャルプランナー)がわかりやすく丁寧に解説してくれます。保険加入や見直しでお悩みの方は一度ご利用されることをおすすめします。

参考URL:楽天生命『スーパー2000

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加