保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険相談サービスの紹介・口コミと評判 > 保険相談について > FP(ファイナンシャルプランナー)とは

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

  • 相談者のライフプランについて経済面からアドバイス
  • 保険以外にも相続や家計見直しなども相談に乗ってくれる
  • 保険相談サービスでは無料でFPからアドバイスをもらえる

FPとは

FP(ファイナンシャルプランナー)は、相談者が夢や目標をかなえるためのアドバイス(ライフプランニング)を行い、資金計画など経済的な面からサポートしてくれる専門家です。

人生には就職・結婚・子供の誕生・住宅購入・定年退職など様々なライフイベントがあり、将来の夢や目標を叶える為には収入・支出などをシュミレーションして具体化していくことが必要になりますが、一方では将来の理想は無限に描けても使えるお金には限りがあります。

例えば、子供の誕生による教育資金やマイホーム購入の為の住宅資金・定年退職後の老後資金など、人生の中の様々な場面でお金は必要になってきます。理想的なライフプランに沿って資金計画を立てるためには、ある程度お金に関する幅広い知識が必要ですが専門的な知識を身につけることは容易ではありません。

FPの役割

そこで「金融商品」「保険」「教育資金」「住宅ローン」「税金」「年金」「相続」「不動産」などお金に関する幅広い知識を持っているFPが、相談者のライフプランに合った資金計画を立てアドバイス・提案してくれるというわけです。

また無料で利用できる保険相談では、FPが家族構成・ライフプランや家庭の経済状況などを基にシュミレーションを行い、経済動向を把握しながら将来の教育プランや老後生活のプランなどを作成する手助けをしてくれます。

保険相談でFPに相談できる事

保険相談サービスでは保険の加入・解約・各種変更手続きのサポートから保険の選び方・見直し・他社商品との比較など、生命保険・損害保険に関わらず保険について多くの事に対応してくれることはよく知られています。

一方、保険とお金に関する豊富な知識があるFPが、将来の子供の教育費や老後生活の資金計画から節税・相続に関することなど悩みを聞いて、アドバイスや提案をしてくれることはあまり知られていません。保険相談サービスでは、保険の相談から将来の資金プランの作成までFPが幅広く対応してくれます。

項目内容
生命保険・損害保険保険の選び方・他社商品との比較・見直し・加入・解約などアドバイスや見積りの作成
教育資金子供が誕生してから大学卒業までの教育プランの作成
住宅取得住宅ローンの組む際の保険の入り方や火災・地震保険についてのアドバイス
リタイアメントプラン老後の生活費や医療保障など充実した生活を送るためのプラン作成
不動産生命保険として不動産投資を活用する方法
相続相続時の生命保険の活用法や相続税対策などの提案やプラン作成

      
例えば保険に関して全く知識が無い方が保険選びをする場合は、商品の説明から始めるのではなく保険の基礎をわかりやすい言葉で説明してくれ顧客に合わせたペースで保険選びの手助けをしてくれます。

また保険の見直しの場合、FPは顧客の家計の収支や将来の資金計画を把握しながら現在加入している保険の診断とアドバイスをしてくれます。現在加入中の保険が顧客のニーズに合ったものであれば、引き続き加入することを勧めてくれ強引に他社商品への乗り換えを押し付けてくることはありません。一方、保障に不足がある場合はライフスタイル・家族構成・経済環境などに応じて保障の上乗せや特約の追加など提案してくれます。

将来の子供の教育資金悩んでいる場合は、子供を国公立と私立に通わせた時の教育資金の違いの具体的例や子供一人当たりにかかる教育費の資料を基に教育プランを作成してくれます。また住宅取得の為の資金計画でお悩みの場合は、マイホーム購入に向けての資金計画や住宅ローンを組む際のアドバイス等をしてくれます。

他にもFPには社会保険や年金制度・相続・税金などお金に関する知識が豊富にあるので、ゆとりのある老後生活を送るための老後資金計画や争いのない相続にする為の保険の活用法や税金対策など、経済的な面も含めて総合的な視点で提案やプランの作成を行ってくれます。

FPの資格と種類

FPの資格にはいくつか種類があり、資格の種類によってさまざまな分野があります。

資格名概要
FP技能士1級~3級まで3段階のレベルがある厚生労働省所管の国家資格
AFP日本FP協会が認定する民間資格。FP技能2級と同等の水準
CFPAFPの上級資格であり、世界が認めるプロフェッショナルFPの証

FP技能士は国家資格のため一度資格を取得すると更新の必要はありませんが、AFPとCFPは民間資格であり2年ごとに所定の継続教育を受け資格を更新する必要があります。どちらもFPとして必要なお金に関する幅広い知識を持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案が出来るスキルを身につけています。

FPの種類概要
企業系FP銀行・保険会社等の金融業界や不動産業界等ある特定の企業に所属しているFP
独立系FP特定の企業に属せず起業(独立)して活躍しているFP

FPには「企業系FP]と「独立系FP」があり、多方面で活躍しています。企業系FPは銀行・保険・証券・不動産会社など特定の企業に所属しており、企業で扱う商品を販売するためにFPの知識や資格を役立ててプランの提案を行っています。

一方、独立系FPは特定の企業に所属していないので、商品にこだわることなくプランを提案することが出来ます。保険相談サービスのFPは「独立系FP」なので、複数の保険会社の商品を比較して提案することができ公平・中立な立場でアドバイスをしてくれます。

信頼できるFPの見分け方

保険相談サービスを行っている会社では、実務経験が豊富で一定基準をクリアしたFPを揃え各社信頼を高めていますが、対応したFPによって顧客の満足度は異なります。信頼できるFPを見分けるために、以下のポイントを押さえておきましょう。

    ポイント

  • 資格を持っており、経験年数(実務経験)が豊富
  • 話をよく聞いてくれ、相談しやすい
  • 説明がわかりやすい
  • 各保険会社のメリット・デメリットを比較してアドバイスしてくれる
  • すぐに契約を迫ってきたり、強引な勧誘がない
  • 公平・中立な立ち場で相談に乗ってくれる
  • 個人情報の管理がしっかりしている

「来店型」の保険相談サービスではFPの資格を持っていても、実務経験があまりない新人が対応する場合もあります。一方で「出張訪問型」の保険相談サービスでは、実務経験が5年以上でFP技能士2級以上の資格を有している事をFPの募集要項としており厳選された者ばかりなのでFPの質が比較的高いです。

保険相談サービスの中には(FPのチカラなど)、AFP・CFPやFP技能士1級などFPのどの資格を保有しているか、実務経験がどれくらいかを紹介している保険相談サービスがあります。より幅広い知識と高いファイナンシャルプランニング力を求めるのであれば、FPの資格や経験年数を参考にするのも一つのポイントです。

また保険相談を利用する際には、FPにより最適なプランを作成してもらうために、家族構成や家計の収支・貯蓄額やライフプランなど様々な個人情報を話す必要があります。一方的に商品の説明をするばかりではなく自分のペースに合わせて親身に話を聞いてくれるような話しやすいFPであるか、個人情報の管理を徹底しているFPであるか等も判断基準となります。

保険商品のメリットだけを説明したり特定の保険会社の商品ばかりを説明するFPや、要望や悩みをあまり聞かずにすぐに契約に持っていくような強引な勧誘をしてくるFPの場合は、担当を変えてもらうか別の保険相談サービスを利用するようにしましょう。少しでも自分に合った信頼できるFPを探すために、複数の保険相談サービスを利用されることもおすすめです。

参考URL:日本FP協会『ファイナンシャル・プランナー(FP)とは

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険見直しラボでは選べる選べるギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加