保険相談キャンペーン

生命保険の先生 TOP > 保険相談サービスの紹介・口コミと評判 > 保険相談について > 無料の保険相談サービスを選ぶポイント

無料の保険相談サービスを選ぶポイント

  • 公平中立な立場で保険プランを提案してくれる独立系FPがいるところを選ぶ
  • 保険商品の取扱い数が多く、経験豊富なFPが多い保険相談サービスを選ぶ
  • 担当者へのイエローカード制度や女性FPが選べるところもおすすめ

無料の保険相談サービスを選ぶ際のポイントと注意点

無料の保険相談サービスには、FP(ファイナンシャルプランナー)が自宅や勤務先近くのカフェに来てくれる出張訪問型や主要な駅近くや大型ショッピングセンター内にある店舗型の保険ショップなどがありますが、このような保険相談を提供している会社は近年増えています。どの保険相談サービスも同じように見えますが、取り扱っている保険会社の数や登録FPの数は各社異なり同じ保険会社の商品でも説明の仕方や提案方法など様々です。

無料の保険相談サービスを利用する際は、相談方法が出張訪問型と店舗型ではどちらが自分に合っているかをある程度決めてから以下のポイントに注意しながら保険相談サービスを選ぶと良いでしょう。

    無料の保険相談サービスを選ぶ際のポイント

  • どこの保険会社にも所属していない独立系FP
  • 保険相談の経験が豊富なFP
  • 国内外複数の保険会社の取り扱いがある
  • FPの交代制度がある
  • アフターフォローまで対応してくれる
  • キャンペーンを行っている
  • 口コミや評判などが良い

無料の保険相談サービスを利用してより最適な商品の提案・保険の見直しのアドバイスをしてもらうには、相談相手であるFPが重要になります。

まずは公平中立な立場で保険の見直しや提案をしてもらうためには一社専属のアドバイザーやセールス担当者ではなく、どこの保険会社にも属さないFPを選ぶこと大切です。無料の保険相談サービスには、特定の保険会社や代理店が保険相談をサービスとして行っている場合があります。自身で下調べをして気に入った保険商品があり特定の保険会社に決めているのであれば特に問題はありませんが、商品を比較して検討・見直ししたい場合は一社専属のFPやアドバイザーのみの代理店を利用することはおすすめできません。

一社専属のFPは提供する保険商品は限られているため他社と保険商品を比較しながらのアドバイスが難しく、一方で複数の保険会社を取り扱っている保険相談サービスのFPは公平中立な立場で幅広く比較しながら保険プランを提案してくれます。

特定の保険会社に属さない無料の保険相談サービスでは、一般的に20社~30社近くの国内外の生命保険・損害保険会社の保険商品を取り扱っていますが、特定の生命保険・損害保険会社を「推奨保険会社」としている場合があります。特に保険会社の指定がなければ推奨保険会社の商品を優先的に提供されることになりますが、商品の提案や説明に入る前に推奨保険会社の説明をしっかりしてくれるFPであれば安心できます。

取り扱っている保険会社の数は保険相談サービス会社によって異なるため、気になる保険商品がある場合はその保険会社の取り扱いがあるか事前に確認する必要があります。保険相談サービスに保険会社の取り扱いがない場合は、取り扱っている保険会社の範囲内でしか比較、提案をしてくれない可能性があるので注意しましょう。

保険のプランを設計する際には年齢・職業・年収・貯蓄額などのプライバシー情報や将来設計などをFPに伝える必要があります。したがってCFPやFP技能士2級以上の資格を保有しており実務経験が豊富・話を最後まで聞いてくれ説明がわかりやすい・個人情報の管理を徹底しているなど、信頼できるFPを見分ける必要があります。

中には相性が合わない担当者や専門用語ばかりで説明がわかりにくく、しつこく勧誘してくるFPにあたるかもしれません。回数に制限なく無料でFPを交代できる制度が整えられている保険相談サービス会社では、強引な勧誘や失礼にあたる態度をとったFPとは提携を解除するといった厳しい罰則を設けてFPの質を高めています。担当FPを変更しても代わりの契約FPが多いなど交代制度が整っていれば安心して利用できるので、イエローカードチェンジ制度の有無は保険相談サービスを選ぶポイントの1つとです。

また、保険の加入はもちろんのこと家計の見直しから保険の必要保障額の計算・保険の見直しまで担当FPが幅広く対応してくれます。契約したら終わりではなく、保険契約後の保険金請求や更新手続きの方法、住所・氏名などの諸変更手続きなどアフターフォローまで対応してくれる長く付き合えそうな保険相談サービスであるかを見極めることも大切です。

無料の保険相談サービスの中には、保険相談を利用したりアンケートに回答することで豪華ギフトをもらえるキャンペーンを行っているところがあります。保険の基礎知識がなく具体的に将来設計も決めていない場合でも保険のプロであるFPが丁寧に分かりやすく保険の基礎から教えてくれるので、保険を考えるきっかけとしてキャンペーンを行っている保険相談サービスを利用してみるのも良いかもしれません。

女性FP

保険会社や保険商品は数多くあり、保険の説明やプラン作成・見直し案など担当FPによって様々です。保険相談サービス会社ではホームページ上にFPの顔写真や資格・相談件数を紹介をしていたり、実際に利用した人の口コミや評価を載せているところがあるので参考にしてみましょう。また女性の方で男性FPに相談しづらい場合は、女性FPを指定できるところもあるのでチェックしてみましょう。

無料の保険相談サービスを利用する前の準備

一般的に保険の基礎知識や事前準備がなくても気軽に利用できる保険相談サービスですが、よりスムーズに話を進め少しでも早く最適な保険プランの提供やアドバイスをしてもらいたい方は事前に準備してから利用されることをおすすめします。

    利用前の準備リスト

  • 保険に対する考え方や加入する目的を明確にしておく
  • 自分や家族の情報を整理しておく
  • 将来のライフプランをある程度考えておく
  • 支払い可能な保険料の上限を決めておく
  • 保険証券を用意しておく(保険の見直しの場合)

自分自身や家族に万が一のことが起こった場合の生命保険や病気やケガで入院・手術をした場合の医療保険、将来の教育費に備える学資保険(こども保険)や老後生活のために備える個人年金保険など保険は種類が豊富ですが、加入する目的や考え方によって備えるべき保険は異なってきます。また最低限の保障を備えるのか、充実した保障を備えるのかによっても一回当たりの支払い保険料は変わってきます。家計を把握し、毎月の生活費の中から月々支払える保険料の上限を決めておくと無理なく保険に加入できます。

さらに必要保障額を計算するには、将来のライフプランや家族構成・年齢・職業・貯蓄額・毎月の生活費などプライバシー性の高い情報が必要となります。情報が多いほど適確なプラン提案や正確な必要保障額が計算できるので、自分や家族の情報を事前に集めておくとよいでしょう。また小さな子供がいる家庭の場合は、子供の教育方針やマイホーム購入計画の有無など、将来のライフプランも夫婦で話し合って考えを共有しておくとよいでしょう。

保険の見直しの場合は、既に加入している保険証券や現在支払っている保険料の金額がわかるものを用意しておくと他の商品と比較しやすくなります。

自分に合った保険選びをするためには様々なFPの意見を参考にすることも大切になってくるので、時間の許す限り出張訪問型や店舗型といった複数の保険相談サービスを利用することをおすすめします。またより適確なアドバイスや保険プランの比較、シミレーションを行いたい場合は、実績豊富な保険相談サービスと経験豊富なFPがいるところを選ぶようにしましょう。

保険のプロであるFPが生命保険について分かりやすく解説!無料出張も◎

↑↑↑ 保険のビュッフェでは選べる特選ギフトをプレゼント中! ↑↑↑

この記事やサイトをお友達とシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加